【新潟県内大学生向け】トビラプロジェクト通い型2024 募集内容

目次

1.【中之口地域/YAKKOTE】人と人を繋ぐイベントを!ともに創りあげる地域密着型マルシェプロジェクト

※こちらのプロジェクトは満員になりました

広々とした田んぼと空が一面に広がる、中之口(なかのくち)地区。この地区でマルシェイベントや小中学校へのキャリア教育を行っているのが若手有志で立ち上げた団体「YAKKOTE(やっこて)」さんです。「やりたい人が、やりたい時に、やりたいことを」を理念に掲げ、世代間交流や地域への誇りを醸成するべく、さまざまな活動を行っています。

今回のプロジェクトでは、中之口にはあまり住んでいない大学生の視点や意見を取り入れたい、マルシェの企画に携わってもらいたい!と手を挙げてくれました。交流広場だけでなく管理棟や農園もある「中之口農業体験公園」で地域を盛り上げる「中之口マルシェ」を昨年度から実施しています。スイーツやドリンクが楽しめる飲食ブースや雑貨・ワークショップブースなど、地域内外の人が楽しめるマルシェを一緒に企画・運営してみませんか?
【定員】3名 【できる体験】マルシェイベントの運営、農業体験、キャリア教育プログラムの見学

2.【小須戸地域/町屋ラボ】歴史ある町屋をアートで活かす!人とまちが生む作品を残す・つなぐプロジェクト

古くから町屋が多く、川湊として栄えた小須戸(こすど)地区。ずらりと並んだ町屋・商店街を舞台に、十数年前からアートプロジェクトが行われていたこの町で、「町屋を活用して地域の魅力を上げよう」「交流人口・関係人口を増やそう」と拠点を持ってアーティストインレジデンスやフリマ開催などを行っているのが町屋ラボさんです。

今回のプロジェクトでは、秋に作家さんが空き家を活用して作品づくりを行うアートプロジェクトに一緒に関わってもらい、作品作りのお手伝いをしたり拠点に来る方々と交流を楽しんだりしつつ、一連のアートプロジェクトの様子をなにかに残してもらいたいと思っています。町に集まる多様な人々との出会い、アートや空き家に興味がある人はぜひ!
【定員】3名 【できる体験】作家さんの制作のお手伝い、会場受付、地域の方との交流

3.【しもまち地域/古町セッション】高齢化の下町に生活に根差した表現の場を!わかものが関わる、五軒長屋を活かしたシェアハウスづくり

※こちらのプロジェクトは満員になりました

新潟市役所やショッピング街の並ぶ古町から海の方へ歩いていくと現れるのが「しもまち」エリア。たった数分歩いただけでもおじいちゃんおばあちゃんがのんびり過ごしているとてもローカルな店や風景が見られます。このエリアに大きな町屋の拠点を持つ「古町セッション」さんは、これまで地域でフォトウォークや夕涼みピクニックの開催、ローカルガイドブックの出版などを行ってきました。

この町で、五軒の部屋が連なった昔の共有宿舎のような建物の活用をしてもらえないかと大家さんから声がかかったことをきっかけに、元トビラ参加者で社会人3年目の結城さんがシェアハウスを立ち上げることになりました。仲間を集め、若者が集って表現できる場をつくりたい!とDIYやイベントなどを試行する1年目に、仲間の一人として一緒に参加してみませんか。
【定員】3名 【できること】商店街フレッシュ本町での交流、シェアハウス予定地での宿泊、DIY、イベント企画

4.【亀田地域/タウンウォークかめだ】地域の記憶を「残す」「活かす」「繋ぐ」若者視点のアーカイブプロジェクト

便利なショッピング施設などが多い亀田(かめだ)地区。でも、この地域で長年暮らし、活動してきたタウンウォークかめださんたちに町を案内してもらうと、曲がりくねった道や老舗商店、歴史ある神社など普段見えない景色に出会うことができます。タウンウォークかめださんはこれまでも2年間学生を受け入れ、11月に開催する神社でキャンドルを灯すイベント「Art&Light」のお手伝いや動画づくりを行ってきました。

今回はイベント参加や町案内だけでなくもう一歩踏み込んで、地域の中心にある「諏訪神社」について地域の方や商店街の方、神社関係の方にインタビューし、これまでの歴史やエピソードを記録し、皆さんの得意やアイデアを活かして残してもらいたいと思います。
【定員】3名 【できること】まちあるき、商店街や地域でインタビュー、Art&lightの参加、タウンウォークかめだメンバーと交流

通い型のプロジェクトに申し込みたい方は以下のフォームから記入・送信してください。
(通い型のプロジェクトは、最寄り駅までの交通費・現地での食費のみ自己負担となります)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

にいがたイナカレッジ事務局

目次