【出雲崎】シェアふるさとプロジェクト「餅つき交流会」

  • 12月12日
  • 出雲崎

出雲崎産のもち米で餅つきを体験し、一緒に地域でできることを考えてみませんか?

新潟県の真ん中あたり、海沿いにある小さな町、出雲崎。こちらでは数年前から、1か月インターンや地域おこし協力隊の受け入れなど若い人とともに地域を盛り上げようという動きがあります。

今回は、今年の6月から地域おこし協力隊として活動している東京出身22歳の小畑ほのかさんが企画した、出雲崎の一次産業や暮らしの文化に触れられるイベントの第一弾。出雲崎には美味しいもち米をつくっている農家さんが何人もいます。そのもち米を使って、正月に向けた餅つきを一緒にやってみたい!という思いからこんなイベントが生まれました。第一回なので、少し実験的にやってみて、これからどんなイベントにしていけるといいか?を考える回でもあります。

出雲崎産のもち米を蒸してついて食べながら、これから出雲崎でできること・やりたいことを一緒に考えてみませんか?

学生でも社会人でも大歓迎です!地域の方が一緒にお手伝いをしてくれる予定♪

イベント詳細

【日時】12月12日(日)11:00~15:00

【場所】出雲崎町西越地区農村改善センター(住所:出雲崎町沢田439-1) ※バス・電車で来る方は出雲崎駅から送迎します

【定員】10名

【参加費】500円(餅・味噌汁つき)

※餅つきは外で行います。あたたかい服装でお越しください。

★地域の昔ながらの伝統行事「塞ノ神(さいのかみ)」に準備から参加し、地域の人と交流する第二回は1月中旬の週末に開催予定です!この時、今回の餅つき交流会でついた餅を使います!

【当日の流れ】

11:00 現地集合

11:30  自己紹介・趣旨説明

12:00  餅つき・食べ始め(のし餅づくりも)

13:00 アイデア出し・交流

15:00  解散

申し込み方法

イナカレッジの井上に連絡または以下のフォームに記入し、送信してください。

公共交通機関で来る方は、備考欄にそれもお書き下さい◎

コンバインに乗る小畑さん

対象イベント・ツアー
お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
プライバシーポリシーをご確認の上、同意いただける場合は、「同意する」をチェックしてください。
同意する