※こちらの募集は終了いたしました。

【関係人口プログラム】限界集落との出会い・ふれ合い・分かち合い『地域を守る人たちの想いを紡ぐ』ライティングプロジェクト

場所
糸魚川市根知地区

糸魚川市根知(ねち)地区

根知地区は、糸魚川市にある約860人が暮らす農村地域。この地域では「胸を張ってずっと暮らし続けられる根知」をスローガンに、住民有志で構成する『根知未来会議』が体験交流プログラムや移住促進、地域活動の拠点づくりなど、様々な地域づくり活動に取り組んでいます。

今回のプロジェクトの舞台はそんな根知地区にある和泉集落です。根知地区の中でも特に地域の伝統をしっかりと守っている集落です。そのうちの一つが小正月(1月)に行われる『さいの神』。県内、あるいは全国でも「どんど焼き」など呼び名はそれぞれありますが、秋に刈ってとっておいたワラで大きな「さいの神」を作り、お正月飾りや書初めなどと一緒に燃やして、豊作や無病息災を祈ります。

和泉集落では年々人口が減り続け、今後もムラの伝統行事を続けていけるかという心配がありますが、まだ続けられる人たちがいる今だからこそ、昔から伝わる伝統行事の記録、そこにかける人々の想いなどをしっかりと残しておきたい!そんな想いから今回のプロジェクトがスタートしました。

プロジェクト内容

“さいの神”という昔から伝わる行事を通して、さいの神への想い、集落への想いを聞き取り、それを小冊子として取りまとめるというのが今回のプロジェクトになります。

具体的にはさいの神のお手伝い等(稲刈り、しめ縄づくりなど)を通して地域の人たちと仲良く話せる間柄になっていただきたいと思います。そこから集落に対する色々な想いを聞き取っていただき、最終的には小冊子として取りまとめていただきます。またこれをwebでも発信できるようスライド集を作成いただくことも考えています。

プロジェクトの特徴

・農村集落の伝統的な行事等に関わりながら、そこにかける人々の想い・集落への想いを深く知ることができます。
・集落を守り続けている気さくなおじさん達と仲良くなれます。
・小冊子をまとめるというゴールに向けて、達成感が感じられるプロジェクトです。

受け入れてくれる地域の方

凄く親切な根知未来会議の小田島さんと斎藤さん

 

募集要項

活動内容 【出会い】第1回訪問 9/24(金)~26(日)
オリエンテーション、稲刈りのお手伝い、地域の散策など
【ふれ合い】第2回訪問 12/18(土)・19(日)
地域の方たちへのヒアリング、しめ縄づくり&神社への奉納
【分かち合い】第3回訪問 1/15(土)・16(日)
さいの神準備・参加、取材
報告会 第4回訪問 2/19(土)
出来た冊子等のお披露目会、天然のメイプルシロップ採取
※基本的に宿泊をともなう訪問になります。
募集人数 3人
求める人材像 ・農村の暮らしに興味がある人
・地域の人の話を興味をもって聞ける人
・オープンマインドな人
滞在場所 地域内の空き家を改修した滞在施設
滞在費 無料※食費がかかりますが、地域の方たちからたくさんの食材をいただけます。
応募締切 2021年7月28日

応募方法

応募方法 「応募はこちら」から申し込み
  ↓
申込書を提出
  ↓
一度コーディネーターと面談(説明会に参加している場合はOK)
  ↓
決定
企業担当者名 金子(にいがたイナカレッジ)

※こちらの募集は終了いたしました。