【新潟市】学生×地域の魅力探求プロジェクト「トビラ」2021情報公開!

通ってつながる!新潟市の地域×学生のプロジェクト。3年目も始まります!

 

大学の外で、新しい日常が開く。地域のたからを、次世代へ開く。

2019年度から毎年、約20名の大学生が参加し、新潟市内の様々な魅力的な人と交流しながら、5チームがそれぞれプロジェクトを行っている「トビラ」。

「帰りたくなる場所」が大学時代に新潟にできるきっかけ、地域と学生が学びあいながら共になにかをつくれる場として、新潟市とイナカレッジで実践しているものです。

去年は新型コロナウイルスの感染拡大が社会の雰囲気をがらりと変えた中、感染対策を行いながらも模索しながら実施したところ「貴重なつながりになった」と満足の声をいただきました。

この先どうなるかわからない中で、少しでも肌感覚で現場を知ること・支え合える多世代の仲間をもつことは、それぞれの未来を考える上でとても重要になってくるのではないでしょうか。

今、お互いが新潟に暮らしているということを、大切な未来につなげましょう。

勇気をもって踏み出す一歩が、すべての始まりになるかもしれません。

プロジェクトの概要

 

【実施時期】2021年9月~12月頭頃

【活動日数・頻度】週1程度の約3か月間(合わせて7日~10日程度)

【対象】新潟県内の大学生・専門学生・短大生

【参加費】無料 ※食費・交通費は自己負担

【定員】各プロジェクト3~4名(全15名~21名程度)

【プロジェクト数】5つ(いずれも新潟市内の地域で活動している人たち)

【プロジェクト内容】それぞれのプロジェクトのテーマや目的に合わせて、ミーティング・まちあるきや地域のお手伝い・アウトプット作成・報告や発信などをチームで行う。

※新型コロナウイルス対策について

地域に行く前2週間以内に県外に移動しない・活動期間中は消毒液やマスクの持参・手洗いうがいの徹底 などのルールを決め、最大限感染対策をいたします。できるところはweb会議などもさせてもらいます。

学生の受け入れ先を募集しています

学生の受け入れに興味がある地域・事業者の方は以下のURLよりお問い合わせください!スタッフから受入に必要な項目や打ち合わせ日程などをお送りいたします。

受入先希望の受付は6月30日頃までといたします。どうぞよろしくお願いします!

https://inacollege.jp/contact/

<受入先条件>

新潟市内の地域に拠点・活動があること

地域の人の顔が分かり、地元の情報に詳しい人(地元コーディネート役と呼ぶ)がこのプロジェクトに関わること

・地元コーディネート役がプロジェクト内容の決定・イナカレッジスタッフとのやりとり・学生が来た時の対応などに時間がとれること

・学生が2名以上の地域の人(その地域でしか出会えないような人)と関わりを持てること(なるべく多様な世代・立場の人)

・期間内に達成できるゴール設定であること

・特殊・高度な技術、専門性を必要としないプロジェクトであること

・危険な作業が伴わないこと

詳しい募集条件や趣旨などはこちら→  受入団体募集要綱2021

★昨年のプロジェクトの様子はこちら⇒ https://iju.niigata.jp/news/8512_r2_tobira_mainpage

★受入先が決まり次第、こちらのページで紹介いたします★

募集要項