初めての体験【緑川友唯】

1か月のインターン

私は、柏崎市の矢田集落というところで1か月ほどインターンをさせていただきました。矢田集落は緑が豊かで、魅力的な人がたくさんいる集落でした。

新潟・東京・神奈川それぞれ別の場所から来た大学生3人が、ひとつ屋根の下で生活をするということでインターンに行く前は正直すごく不安でしたが、実際に生活してみると新しい環境に毎日わくわくしていました。

 

慣れない生活で大変なこともありましたが、色々な人に支えられながら1か月楽しく過ごせました。普段、私を含む大学生3人は一人暮らしをしており料理、掃除などの生活面に困ることはほとんどありませんでしたが、虫が出たときや自転車のタイヤに穴が開いたときなど、いざというときに集落の方が助けてくれました。

 

また、私は矢田で暮らしながら冊子づくりもしました。冊子を作り始めてからは毎日忙しく大変でしたが、集落の方に喜んでもらえたので嬉しかったです。

矢田の魅力

矢田集落にいる人にとっては当たり前のことも、私にとっては新鮮で驚くことがたくさんありました。

朝起きると家の前にとれたての野菜が置かれていたり、道を歩くたびに声をかけられたり、一緒にご飯を食べてくれたり、都心に住んで居たら感じることの出来ない温かさがありました。

来たばかりの頃は、他人の私たちにどうしてこんなに良くしてくれるのだろうと不思議に思っていました。しかし、帰る頃には私自身も集落の人のことを他人ではなく家族のように感じ、またこの集落に帰ってきたいと思うようになっていました。

私自身、こんな風に思えるようになるとは思ってもみなかったので家族が増えたようでとても嬉しかったです。そう思えたのも集落の方が温かく私たちを迎えてくださったおかげです、本当に感謝しています。

 

大学では私と同じ世代の学生とばかり話していて、幅広い年齢の方と気軽に話せる機会があまりなかったのですが、矢田集落に来てからは老若男女問わず集落の人と話せて嬉しかったです。集落のおじいちゃん、おばあちゃんから普段知ることが出来ないような昔の話も聞くことができて面白かったです。

 

また、矢田集落は家庭菜園をしている人が多いことも魅力のひとつだと思います。集落の人から作っている野菜をいただいたことで、知っている人が作った野菜だから大切に食べようと考えるようになりました。

都心で生活しているとお金さえ出せば食べ物は買えるという錯覚を起こしてしまいがちですが、食べ物に感謝して食べるべきだと改めて感じました。矢田集落で普段と異なる生活をする中、人間関係や食などの生活に関わる価値観が良い意味で変わったような気がします。

 

行く前は何も知らなかった矢田集落の魅力を今は数えきれないほど知っています。また、集落の魅力を見つけると同時に都心の便利な生活で犠牲になっている何かに気づきました。それは人との繋がりや温かさなのかもしれません。都心にあるもの、地方にあるもの、それぞれが魅力的であり、これから自分がどこで暮らしたいか、考え直すきっかけにもなりました。

感じたこと

1か月の矢田集落でのインターンは今しかできないとても貴重な経験でした。1か月全く知らない場所で暮らすことは人見知りの私にとってはすごく勇気のいることでした。周りから見たら小さな挑戦かもしれないけれど、勇気をもって参加して良かったです。

 

私は今まで人と一緒に暮らすことがあまり得意ではありませんでした。正直いうと初めて会う人と暮らすことや不慣れな生活をすることによる不安やストレスもありました。しかし、矢田に来てからそれ以上に楽しくて、感動することがたくさんありました。また、私は都心で暮らしている頃は寂しさを感じることがよくあったのですが、矢田集落に来てからは1度も寂しいと思うことはありませんでした。それは身近に頼れる人がいる安心感のおかげだったように思います。

 

私は人と接するのが苦手だとずっと思いこんでいたけれど、本当は人と接することが好きなのかもしれない、普段は寂しさを感じないように忙しく過ごしているだけかもしれない、そう気づかせてくれました。

矢田での3人暮らしでの生活、矢田の人とのつながりは、新たな自分を見つける良いきっかけになりました。また、人との関わりを通して自分に自信が持てるようになりました。

終わりに

これからの人生をどう生きようか、まだやりたいことも、なにも決まっていないけれど矢田集落での生活は私の人生に何かに良い変化を与えたように感じます。

今の私にできることは少ないと思いますが、お世話になった矢田集落の人に少しでもお返しができたらいいです。これからも矢田集落と関わり続けていこうと思います。

大学2年生の夏休み、たくさんの思い出が出来て、たくさんの人と関われて嬉しかったです。本当にありがとうございました。