新潟市×イナカレッジの新プロジェクト「トビラ」、各地で活動中!

9月末から新潟市の大学生×地域の魅力探求プロジェクトが始まりました!

新潟市内にたくさんある大学。その大学生たちと新潟市内の地域や取り組みがコラボして、より新潟に愛着や関係ができたらいいな、というプロジェクトが9月末より始まりました!

授業の合間に通って行う3カ月間のプロジェクト。今年は5つの受入先で実験的にスタートです!

大学生からたくさんの応募をいただき、当初考えていた「各プロジェクト3名」よりも多い、各地域4名以上で取り組んでいます。大学も、新潟大、県立大、青陵大、食糧農業大…とさまざま。

さて、そんなトビラは9月中旬あたりでプロジェクトごとに顔合わせ&キックオフミーティングを行っていました!

こちらは、「ごまうふふで1000にんスマイルプロジェクト」を行う石本商店の大島さんとトビラメンバーたち。ごま豆腐にまつわるたくさんの笑顔の動画を作ります。

こちらは、西蒲区福井集落の「まきどき村」が受入先のメンバー。(この日は1人いませんでしたが)新潟市内の「村」を体験し他の人にも届けるプログラムを考えます。

こちらは松浜Rプロジェクト。トビラ最大の6名が参加!まちの人とシェアキッチンを使った料理イベントを開催します。

こちらは、唯一「地域」ではなく居場所づくりのNPOが受入先の「がばじこ」プロジェクト。生きづらさを乗り越えた人たちの冊子を作ります!初日はそうめんパーティ。

そしてこちらは、内野町の古本屋ゆよん堂とサークル「おうちのごはん」がコラボした、内野おかえりプロジェクト。9月27日のごはん会が盛り上がりました。

主催の新潟市さんのページでもトビラの情報が紹介されています!今後も更新予定^^

学生×地域の魅力探究プロジェクト「トビラ」 プロジェクト紹介

 

終了は12月、報告会は1月18日を予定しています!私たちもどうなるかわからない、どきどきの3か月。受け入れ側も、学生メンバーたちも、がんばりますので応援よろしくお願いします!

また随時SNSでは活動レポート・イベント告知していきますのでぜひチェックを!