農業、野菜を学んだ3週間【阿部日加瑠】

【なぜ参加したのか】

イナカレッジに参加した理由は2つあります。私は新潟県と農業が好きでイナカレッジに参加しました。新潟県には、生まれたときからずっと住んでいるが、行ったことのない市や地域がたくさんあったのでイナカレッジを通して、新潟県について今まで知らなかったことをたくさん知りたいと思いイナカレッジに参加しました。もう一つの理由として、2年前に私の大学の先輩がイナカレッジに参加していて、今年の5月に「新しいプロジェクトをするから参加しない?」と誘われて大好きな自然にたくさん関わりたいと思い、参加することを決めました。

【インターンで得たもの】

私は、長岡市の中之島地域で「新しい野菜の買い物プロジェクト」というプロジェクトを8月25日から9月16日までしました。この約3週間のインターンで私は「自分で何かに挑戦する」ということを目標にして活動しました。中之島の直売所のふれあい市で研修をして、直売所のPOPづくりをしました。POPづくりをしていくうちに中之島にはどんな野菜があるのかや野菜のおいしさについてやたくさんの品種の野菜があることなどの知識を得ることかできました。また、農家さんからお話を伺いして、その内容をフリーペーパーにしました。フリーペーパーづくりでは情報を伝えることの難しさを実感しました。
私は農家さん訪問をして、農家さんのあたたかさと優しさをもらいました。農家さんに「また家に来てね。」と言っていただいたり、「中之島に来てくれてありがとね。」と言っていただいたりして、農家さんは優しくてあたたかい方々がたくさんいると感じました。

【新しい買い物プロジェクトをして】

3週間、様々な人たちにお世話になりました。

初めて知ったことや体験したことがふんだんにあったインタ-ンでした。出会いはとても大切で、農家さん、イナカレッジのコーディネーターの方、インターンを支えていただいた中之島の方々からたくさんのことを教えていただきました。最初はゴールが見えなくて不安でこのインターンはよい終わり方をしないのかと思ってしまうときがありました。でもサポートしていただいた方々に厳しい言葉をかけられたことがあったけど、それでくじけずにバネにしてインターンの後半の活動をすることができました。

中之島は私にとってとてもステキな場所になりました。

豊かな自然、愛情のある農家さん、おいしい野菜・・・
3週間で非常に貴重な学び、体験、充実した中之島での生活ができました。これからはいろんなことに挑戦したいです。

農家さん、一緒に活動した先輩たち、イナカレッジのコーディネーターの方、インターンを支えていただいた中之島の方々本当に、本当にお世話になりました。ありがとうございました!!