田舎町の飲食店マーケティング4.0 ~顧客と創るメニュー~

場所
新潟県糸魚川市
仕事
地域の飲食店の顧客コミュニケーション

新潟県の西のはじ!糸魚川駅近くの洋食屋で「飲食店の価値を顧客と一緒に創造する担当者」を募集

 町に愛される小さな洋食屋の店長の希望をかなえたい!

田舎町の洋食屋さんでお客さんの声を拾い上げ、そのお客さんと一緒にお店の価値を創っていく、そんな半年のプロジェクトを、新潟県の西のはじっこ「糸魚川」で始めます!持続可能な飲食店経営の新しい経営状態をつくるには?そんな問いに向き合うためのリアルな現場を目の当たりにできるはず。

 牛乳配達+弁当配達+イタリア料理。地域だからこその経営の形を、一緒につくりたい。

レストラン「ブォーノ」は、糸魚川駅から徒歩5分のところに位置するイタリアンレストラン。北陸新幹線が通りきれいになった駅の近くの広い通り沿いにあります。

もともとこのレストランは、昭和41年5月に創業した牛乳販売店でした。17年ほど前、現在はシェフ兼オーナーとして活躍している長男の斎藤さんが戻ってきたことをきっかけに、工場の働き手が多いこの町のお昼ご飯を支える「弁当配達業」を始めます。

弁当業は順調に売り上げを伸ばし、北陸新幹線が通ることになったということもあり、4年前斎藤さんはやっと実はずっとやりたかったレストランをオープンさせました。それがこの「ブォーノ」です。

ハンバーグにパスタ、ケーキまで、様々な料理を、店を始めて4年とは思えないほど作って出している斎藤さん。美味しい料理を作りお客さんに喜んでもらうのが心から好きな様子です。

そんなこの「ブォ―ノ」は、糸魚川でもそれなりにお客さんの来るお店となっていますが、斎藤さんの目指しているお店の形にはまだまだなれていないといいます。

弁当配達、レストラン共に、まだまだ足りないのが、「お客さんとのコミュニケーション」。これは、単に会話をするということではなく、お客さんが価値を感じている部分をメニューに反映させることや、お客さんもこのお店を 応援したくなるような関係づくりを指しています。

今回はそんなお客さんとの「橋渡し」に加え経営者の斎藤さんがやりたくてもやりきれない部分を一緒に考え、「やってみる」右腕としてインターン生に来てもらいたいと思っています。

募集要項

研修・活動内容 【STEP1】 1カ月目  「社内環境の把握」
①1~2週目 社内環境の把握
弁当部門と飲食店部門の環境と特徴を知り、各現場の業務から会社の全体像も体感する。
②3週目 意見交換
感じた特徴や疑問点などを社長と意見交換をすることで、各部門の顧客層の分析とニーズを把握し、会社の状況や社長の想いを共有。現在の顧客層に対し見出せるアプローチ方法や、お互いの疑問点・課題点などを明確化する。
③3~4週目 方向付け
意見交換で出たアプローチ手法の実施や、課題点の解決に向け、弁当部門では配達する際、飲食店部門では接客をする際にヒアリングをしつつ、次月以降の効果的な戦略へ繋げる。
【STEP2】 2~3カ月目  「弁当部門と飲食店部門の販売促進、および飲食店でのイベント実施」
①5週目 顧客ニーズや特徴の意見交換
②5~11週目 ①を元に弁当部門でオリジナル弁当の開発。
③9~12週目 飲食店部門で、メニューブック作成や店舗レイアウトの検討
④9~12週目 店内イベントの準備、PR、実施弁当部門の繁忙期にPRし、飲食店で集客を図る
【STEP3】 4~5ヶ月目  「顧客と創るメニュー検討開始」
①13~20週目 顧客を巻き込み、メニューの検討を開始し、まとめていく
【STEP4】 6ヶ月目   「振返りと集客イベントの実施」
①21週目 インターンシップ振返り
②21~24週目 店内イベントの実施
研修期間 半年
研修時期 2018年10月以降
募集人数 1人
生活費補助 あり
就業時間 6~8時間※活動内容により変動あり
休日 週2日
必要な資格 特になし
応募締切 8月31日

応募方法

応募方法 画面下の「応募はこちら」からお申込みください
インターン開始までの流れ ①イナカレッジ事務局面談(対面、skype等)
②受け入れ先面談(対面、skype等)
③参加決定
企業担当者名 齊藤 一