【地域とスーパーのインターン】自然豊かな町のおせっかいスーパー魅力発信プロジェクト

場所
新潟県長岡市東川口
仕事
小さな町のスーパーの仕入れ方と見せ方の改革

山と川の町で暮らし、地域に根付いたスーパーで「あなたの」プロジェクトをやってみませんか?

スーパーで、「今日おいしい果物」を選んでもらったことがありますか?

買い物が終わってスーパーを出るときに「今日ここに来てよかった!」と思ったことがありますか?

日常商品のセレクトショップであり、コミュニケーションの場でもあるスーパー。一生心に残る経験とつながりを、川口で暮らしながらあなたならではのプロジェクトを実践することで積み重ねませんか?

 

小さな町の小さなスーパー

スーパー安田屋(あんたや)は、新潟県長岡市の旧川口町という人口約4,500人の小さな町にある唯一のスーパー。2004年の新潟県中越地震で全壊したところから、地域のためにと再生を図りここまでがんばってきました。

しかし、安田屋のメインの顧客である川口町の人口減少、近隣のコンビニや大手チェーンスーパーのオープンなどから年々お客が減少。一方で、安田屋がなければ困る地域の方や、安田屋の果物や肉の品質がいいと選んでくれるお客さんもたくさんいます。

その中で、今後の安田屋をどうしていくべきか思い悩んでいたのが、専務であり実質安田屋の経営者、かつ地域の愛されおせっかいお母さんとしても知られる山森瑞江さんでした。

リピートの秘密はその「おせっかいさ」と地域のつながり

瑞江さんは、お客さんにも「こっちの味噌の方が美味しいよ」と一度かごに入れた味噌を変えてまでおすすめしたり、夕飯を決めかねているお客さんに事情を聴いて「ほらこれならいいんじゃない」と提案したり、旬の果物は市場で味をみて美味しいと思ったものを仕入れたり、「ここに来たお客さんには満足できる買い物時間を届けたい」という思いと行動があふれている専務。

そんな瑞江さんは、母であり80歳の社長がずっとこの地域で経営してきた安田屋を続けていくには、今までと同じ形を続けていてはだめだと感じていました。そんな今年、インターンという取り組みを知り、同じ新潟県内で理想的な店舗づくりをしているスーパー「エスマート」に出会ったことで、今こそスーパー安田屋が今後もより多くのお客さんに満足できる買い物を届けるための改革をしていくことを決めたのです。

安田屋のある川口町は、雄大な信濃川と魚野川が合流地でもあり、山菜とりも狩猟もできるような豊かな山もあり、地域の密接なつながりがあるたくましい人たちが住む町です。同時に高齢化も進んでおり、配達販売もしている安田屋は地域の人から本当にありがたがられています。

安田屋の魅力発信担当、募集!

スーパー安田屋が扱っているのは、一般的なスーパーと同じく生鮮食品や惣菜からお菓子、飲み物、雑貨、加工品、花までさまざま。
それぞれの部門で本当に仕入れたいものを仕入れているのか、商品の価値が分かるような陳列や店内の表記なのか、店員全員が好感を持てる対応をできているか、などを考えると足りない部分がまだまだあります。

ただ、もともと地域と濃いつながりがあり、熱意ある専務をはじめ魅力的なメンバーがそろう安田屋。また、専務の決心により少しずつ改善がなされて客数も昨年より増加しています。ほんの少し新しい視点や人が入って、メンバーひとりひとりの「もっとこうしたい」を引き出したり、SNSでの発信をしてみたりしたら、近くの人たちだけでなく少し遠くの若い人にももっと愛されるスーパーになっていくのではないでしょうか。

そんな仮説をもとに、進んでいる安田屋の改革を「魅力発信部門」としてきっかけを作ってくれる人を募集します!素敵な安田屋がもっと輝くために、地域のつながりの濃さやそれぞれの担当の方々の熱意を、あなたなりの視点で掘り下げ、外に届けてみませんか。

 

インターン生はまちと暮らす

このプロジェクトを実施してもらうインターン生は、安田屋でプロジェクトを行うことはもちろんですが、町で「暮らす」こともインターンのひとつです。

それは、もちろん近くに用意する滞在先で実際に自炊をして寝泊りして、ということ自体もそうですが、活動の帰りに近くのお店に寄ってみたり、地域のイベントに出てみたり、活動で出会った人とごはんに行ってみたり・・・ということも含めて、今までの大学生活ではできなかった、この町の企業で活動するからこその「暮らし」を体験することです。

イナカレッジの事務局には川口に住んでいるスタッフもいますし、今までの活動でも協力し合ってたくさんのつながりがあります。面白いこと、新しいこと、新しい人、地域に根付いたことが大好きな優しい方ばかり。

そんな川口で暮らしてみたい人も必見のプロジェクトなのです!

詳しくは⇒活動地域紹介へ

長岡市川口地域「人と自然の関係が豊かになると、人と人の関係も豊かになる」

 

※このプロジェクトは全国のインターンが掲載されているサイト「プロジェクトインデックス」にも載っています

https://www.project-index.jp/intern/16033

募集要項

研修・活動内容 「ファンになる」スーパーとはどんなものかを学び、仕入れ方と見せ方について専務と議論しながら新しい形を計画・実施する

【STEP1(1か月目)】
〇地域を知り、スーパーのサイクルを知る
〇各部門へ研修に入り、社内報を発刊
・各部門の社員のもとでパートさん並みの仕事をしながら、各部門でのこだわりや気づいたことを社内報という形でまとめて発行。

〇安田屋のこだわりポイントをFacebookなどで発信し、遠くのお客さんにも情報が届くようにする

【STEP2(2カ月目~3か月目)】
〇社内報の定期的な発刊
・外向けにも発信できる内容へと徐々にシフトさせていく。
〇安田屋のアイコンやイメージとなるような発信企画アイデアをつくる
〇店を手伝っていて気付いた「小さな改善」を各担当の人と共にやってみる

【STEP3(3か月目)】
〇店内の他のコーナーでもポップやレイアウトを工夫してみる
〇FacebookやHPで発信を続ける
〇社内報の定期的な発刊
研修期間 3カ月~5か月
研修時期 2018年11月~3月(応相談)
募集人数 1人
生活費補助 あり 
就業時間 学期中:週3~4日 休業中:週4~5日 
休日 週2日以上
必要な資格 特になし
滞在場所 近くの空き家もしくは滞在施設
滞在費 無料 ※食費は実費
応募締切 11月中(随時受付→決定)

応募方法

応募方法 画面下の「応募はこちら」からお申し込みください。
インターン開始までの流れ ①イナカレッジ事務局面談(対面、skype等)
②受け入れ先面談(対面、skype等)
③参加決定
企業担当者名 山森瑞江(スーパー安田屋)