※こちらの募集は終了いたしました。

手作り豆腐店を継いだ夫妻と共に挑戦する!豆腐の配達販売先の新規開拓プロジェクト

企業の概要

「真人とうふ」は、1997年小千谷市真人地区有志数名が「地域活性化」を目的に設立しました(2018年店名を「とうふ工房 豆ノ助」に改名)。事業は順調だったものの、2013年組合員の高齢化と後継者不在の理由から工場閉鎖と組合解散へ向かいました。しかし、地域おこし協力隊として真人地区に着任した坂本慎治が事業継続の担い手として名乗りを上げ、2014年に地域おこし協力隊を退職した坂本が事業を受けつぐこととなりました。

継業後、小千谷産大豆の利用を現在の1/3まで引き上げるなど豆腐の原材料を見直しも行いました。また新規顧客を獲得するために若い女性向けの商品づくりにも取り組みました。小千谷市中心部に2号店兼工場を構え、ロールケーキやプリン、マフィンなどの豆腐スイーツの開発などを行い売り上げの重要な柱となっています。

インターンシップ実施の背景と目的

「とうふ工房 豆ノ助」の売り上げを支えている大きな柱は、「豆腐の配達」です。現在約200軒の配達先があり、それぞれ週1回、または多いお宅だと週2回配達を行います。毎週定期購入してくれ、本当に日用品として「真人とうふ」を使ってくれるお客さんは、当店にとってとても大事なお客さんになります。その一方で、店舗で待つのではなく、打って出て行かなくてはいけない配達のお客さんの新規獲得をしていくのは非常に多くの時間が必要です。

今回は、インターンシップの大学生と共に、この配達のお客さんの新規開拓を行うための戦略づくりから、実際に営業をかけていく活動を行います。

インターンの成果

・豆腐の配達販売の客数、単価増加のための仮説を構築すること。
・仮説を実行し、新規顧客(10%増)を獲得すること。

このプログラムの特徴

・経験0から豆腐屋を継ぎこだわりの食品を製造する魅力あふれる夫妻と仕事ができます。
・これから事業を伸ばしていこうという勢いのある現場で仕事ができます。
・営業の戦略を練るところから、実際にその戦略を実行するところまでできます。

得られる経験

・地方の中都市での食品の製造販売業の経営、顧客獲得のリアルを経験できます。
・商品販売のための市場調査、戦略づくりを経験できます。
・実際に「ピンポン」を鳴らして個人宅に営業をかけるという経験ができます。

プログラムコーディネーターからのメッセージ

町の小さな豆腐屋です。私達は「美味しさを追求する」ことを理念に一歩一歩進んでいます。品質の高さは言葉で語るよりも、味で伝えたいという思いがあり、それ故口下手でもあります。(店主・坂本慎治)

募集要項

研修・活動内容 STEP1(1週目)
・真人とうふの成り立ち・商品・商売について知る。(座学・インタビュー)
・小千谷市、真人町について知る。
・真人とうふの商売を体験する。(店の手伝い、配達同行など)
・営業戦略会議
-市場調査→現在の顧客のニーズ等の分析、顧客のモデル化、潜在顧客層・数の把握
-営業エリアごとの作戦→どのエリアを、どう攻めるのか

STEP2(1週目後半~3週目)
・真人とうふの商売を体験する。(店の手伝い、配達同行など)
-現在のお客さんへのリサーチなど
・営業仮説の実行と検証をする。

STEP3(4週目)
・真人とうふの商売を体験する。(店の手伝い、配達同行など)
-現在のお客さんへのリサーチなど
・営業仮説の実行と検証をする。
・4週間の仮説の実行と検証の報告。
・取り組み成果報告会の開催。
研修期間 1ヶ月
研修時期 2018年8月半ば~9月半ば(詳しい日程は参加希望者との調整となります)
募集人数 2名
生活費補助 なし
就業時間 9:00~18:00 ※作業内容などにより変動します
休日 週2日
必要な資格 必須ではありませんが統計学が使えたら良い思います。私はできません。
求める人材像 ・職業体験ではなく、実際に定期購入のお客さんを作る気合のある学生。
・スタッフ、お客さんと楽しくコミュニケーションのとれる学生。
滞在場所 地域内の空き家を予定
滞在費 なし
受入地域で用意いただいているもの だいているもの 生活できる最低限のものは準備いたします。後日持参していただきたいものを連絡する可能性があります。
応募締切 7月10日

応募方法

応募方法 画面下の「応募はこちら」からお申し込みください。
インターン開始までの流れ ①イナカレッジ事務局面談(対面、skype等)
②コーディネーター面談(対面、skype等)
③参加決定
企業担当者名 コーディネーター:阿部巧(イナカレッジ事務局)

※こちらの募集は終了いたしました。