ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
インターンが終わりました

高柳町門出インターン生矢代です。

早いもので1年が過ぎ、無事にインターンを卒業?しました。

DSC_0146

自分は農業がやりたいと言ってやってきたので、百姓仕事に特化したインターン生活となりました。

received_1755396084674400

1480206457518

春から秋までは田んぼや畑で泥だけになり、冬は和紙工房でコウゾと雪にまみれていました。

13233091_1794764407418649_4621161884337205001_n

14641932_1842829449282382_7562754192797624747_n

それ以外にも登山道整備をしたり、ピザを焼いたり等々書き出したらキリがありませんが、色々なことをやらせてもらいました。

 

そうした生活を続けていく内に最初は「じいさんの孫」という肩書だったのが、「門出総合農場の耕太」という認識にようやくなり、門出の人間として少しは認めてもらえたのかなと思います。

とは言っても特別に何かをやったわけではなく、自分がおもしろそうだと思ったことに取り組んでいただけです。また集落の人に会ったら挨拶をする、話を聞く、何かをやっている姿を見せるといった当たり前のことをやっていただけです。

自分がやりたかったことを今まさにやっているわけで、大変というよりも楽しいという気持ちが勝っていました。そしてその環境を提供してくれた集落や高柳の方々に感謝です。

13413496_1803071816587908_3695966412954907953_n

元々1年で終わるつもりはなく、定住するつもりでやってきたためか、もはやインターン生という感じではなかったのかもしれません。

そのためかこの前「耕太高柳に来て何年たった?」と聞かれ、「ようやく1年たちました」「えーまだ1年しかたってないんか。もう何年もいるような馴染み具合だな」と驚かれてしまいました。

それだけ濃い1年が過ごせたのかと思います(笑)。

14045726_1818678631697464_5081316038871715834_n

そしてインターン終了後ももちろん門出に残る選択をしました。肩書はインターン生から農業研修生へと変わりますが、やることはほとんど変わりません(笑)。

ただし求められるレベルはどんどん上がってきますので、しっかり学んできたことを活かせるように頑張っていきたいと思います。

 

インターンでお世話になった皆様本当にありがとうございました!そしてこれからもご迷惑をかけると思いますが、よろしくお願いします!

yashiro
yashiro
門出ふるさと村組合インターン生
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP