久々の晴れ間

高柳町門出インターン生矢代です。

門出はここ1週間ばかり雨が続き、しばらく集落の稲刈りが中断していました。

DSC_1091

雨が降る直前に持ち込まれた大量の籾たち。雨で受け取りに来れない人たちがいるとライスセンターは置き場所がなくなるほどいっぱいに。

DSC_1105

さすがに4~5日も雨が続くと自分で乾燥させた籾を持ち込む人もいなくなり、おかげさまでライスセンターの乾燥機は空っぽになりました。稲刈りが終わった後のような静けさだそうです。そして気分も終わったようになっているからだめだなぁと親方が言っていました(笑)。

DSC_1104

ちなみにカウンターは2218に。まだまだ3分の2ほど終わっていません。ようやく終盤に差し掛かったところでしょうか。

DSC_1096

自分が見回りをまかされている田んぼです。写真だとわかりにくいかもしれませんが、だいぶ稲が倒れてきてそろそろ目も当てられなくなってきました。そして穂も葉もだいぶ黄金色に色づいてきました。刈り取りまでカウントダウンが始まっています。

DSC_1099

穂は自分の手のひらと同じくらいに伸びました。刈り取りまで鳥などに食べられることなく無事にいてほしいです。

 

そしてこの週末は門出に久々の晴れ間が!皆が一斉に動き出しました。

中断していた稲刈りのスタートです!

そんな中門出総合農場も稲刈りを始めました。とはいっても自分の田んぼではなく、委託分のですが。

received_1801580603389281

received_1801580600055948

received_1801580483389293

どんどん刈っていきます。あれ、乗っているのは・・

received_1801580536722621

received_1801580513389290

田植えが始まりましたで田植えを練習した委託の田んぼで今度は刈り取りの練習です(笑)

最初と最後はもちろん親方がやりましたが、途中のやりやすい場所を少しばかりやらせてもらいました。常に色々な場所に気を配り手を動かさないといけなく、かなり疲れました。しかし今後のためにも少しでもうまくなれように頑張っていきたいと思います。

他にもサポートでコンバインで刈りにくいところなどは手刈りをしたり、田んぼがやっこくて泥だらけになったりなど、初めてのことばかりでかなり疲れた1日でした。

DSC_1100

DSC_1101

集落の稲刈りも終盤に差し掛かり、刈り取り終わった田んぼが目立つようになってきました。逆に稲が残っている方が目立つようになってきましたかな?そして朝晩は冷え込んできていて、徐々に冬が近づいてきているのがわかります。

DSC_1075

最後に大量のはさがけ。高さは3mくらいで、幅は15mほどあります。段数は9段あります。上の部分は投げながら渡していくそうです。これを70過ぎた方々がやっていると思うとすごいとしか言えません。

これが門出の秋の風物詩です。ぜひこの季節にも見に来てみてください。おもしろいですよ!

 

農場の稲刈りはもう少し先になりそうですが、楽しみです。ただ、また天気があまり良くないようで残念です。こればっかしは仕方ないですが、少しでも晴れてくれるように祈るばかりです。