山中人の酒蔵出稼ぎ。①基本の基本。

山中(やまなか)集落のハザマです。

実は私、12月から酒蔵に出稼ぎ的お手伝いに行っているのです!

そこで、私も”レベイエ麻里子”さんを意識して石塚酒造版の酒蔵日記を書くことにいたします。そうします!

 

DSC_0303

石塚酒造。

”姫の井”と”かめぐち酒”が有名です。

山間の集落でかつてよく見られた、出稼ぎという文化を山中インターン生が緩くトレース。山中のインターンは山村のライフスタイルを現代版で体験することです。

DSC_0007

農繁期の忙しさも終わり、山村が雪に包まれる頃、方々から酒蔵に蔵人が集まり、お酒造りが始まります…

 

①基本の基本

ということで、私が12月に酒蔵手伝いに行き始めてから2週間くらいひたすら精進した仕事をまずは紹介します。

酒蔵の、基本は、これ!

DSC_0142

そうじです!

掃除したり、洗ったりということが、お酒造りの基本なのだそうです。

はじめの2週間くらいは、頑張って、

DSC_0138

そうじ!

 

DSC_0065

掃除!

 

DSC_0120

たまに大工仕事や道具のメンテナンスをして、

 

DSC_0047

さらに、ソウジ!

 

DSC_0140

熱湯消毒も大切です…

 

DSC_0264

機械類の点検もして、

 

DSC_0044

さあ、きれいになりました!

ここまでで2週間ほど経過して、次回はいよいよ造りに入ります!!

 

お酒は生き物であり、食品であり、きれいにしておくことが何よりも大切なのだと思います。

 

ありがとうございます。