新米塾【実践編】第1・2回レポ「田植えまでは道のりは長い・・・」

新米塾【実践編】の第1回~第2回レポートです!

第1回 4月17日 苗作り

新米塾【実践編】は、今井家の茶の間からスタートします。先生である今井さんのお父さんから、米作りの年間スケジュール、そして苗作りのお話を伺いました。今井父は、苗作りの達人としてJAから表彰されるほどのお方です。

DSC_0012

今井家の前には、何やらシャワーが出ている、お風呂(のようなもの)があります。何をしているかと言えば、温度管理をして、種籾から発芽させる段階です。昔は種籾を(本物の)お風呂につけて発芽させていたそうです。

DSC_0176 DSC_0177

そして、本日皆で行った作業は、苗箱への床土(とこつち)を入れる作業です。今井家では、500箱作ります。

DSC_0180

播種機なる機械で、土・肥料を箱に詰めていきます。素早く肥料袋を破る腕が必要です(?)

DSC_0187

第2回 5月16日 苗の管理・田んぼの耕運

前回皆で土を入れた苗箱には、種籾がまかれ、すくすく苗が育っていました。ビニールハウスの中で、成長を見守っていますが、けっこう気を遣う作業です。ハウスの中が暑すぎれば、苗が黄色く焼けてしまいます。その日の気温に合わせて、ビニールハウスの一部を開けて、風を通したりと大事に育てます。

DSC_0018

そして、今井家の苗は、ちょうど植え時です。

DSC_0016

その前に!今回の新米塾をやるにあたって、今井さんの修行のために借りた実習田は、まだ代掻きどころか、荒起こしもまだ終わっていません!というわけで今日の作業は、トラクターにのって実習田を「ぶつ」ことです。今井さんは、今までもちょこーーーっとやったことがありますが、まだまだオヤジ殿にはかないません。そしてこの日は、JAの植村さん(下の写真の左の方)も覗きに来てくれました。

DSC_0025

そして、意外にも創さんはトラクターに乗ったことがないことが発覚し、今井さん指導の元、実践しました。まずは今井さんが作業する脇に乗って、操作を学びます。

DSC_0030

そして、入れ替わって今度は今井さんが脇に乗って教えます。

DSC_0032

素人がやるとこうなります・・・・。見事にタイヤの形をした泥の塊が・・・。

DSC_0034

というわけで、第2回も終了です。次回までの期間、各自分の田んぼで田植えを終え、第3回では、溝切りや田んぼの水管理について勉強しま~す。興味のある方はお問い合わせくださ~い!