毎日おいしいもの食べてる人が使ってるスーパーはおいしい。「安田屋」は基本何でもおいしい。

旅行に行ったら、スーパーに行け。なんて格言がありますね。

スーパーで売っているものには、その地に住む人の生活が反映されています。

そこに住む人の日常を表し、その土地の文化にもっともダイレクトに触れられる場所、

それがスーパーマーケットなのです。

 

川口駅前に1軒。地域の生活を支えてきたスーパーなスーパー、「安田屋」があります。

87590

 

文化は実際に体験しないと分からない!というわけで、

NPO法人くらしサポート越後川口のマドンナ、渡辺千明氏を迎え

「安田屋のお惣菜で女子会@私んち」を開催してみました。

87074

20代女子2人、食べるよ!

 

 

87592

お店で手作りしているお弁当。

揚げ物に煮物、お米はこしひかりで380円なんて…。

買わない手はないですね。

 

87076

ワカモノにはアゲモノ。

 

87075

名物、メンチカツ。

子どものサンダルくらいの大きさで85円です。

肉汁たっぷり。

 

87072

揚げ物コーナーの最高級品、とんかつ280円。

スーパーのお惣菜にありがちな、衣はいだらお肉が貧相、なんてことはなく、

むしろ、「家で作るのより、分厚い!」と感動。あぶらみあぶらみ!

 

87079

単身や夫婦のみの世帯も多いので、小分けのお惣菜も充実。

玉ねぎたっぷりのナポリタンなんてハイカラなものも。

 

87086

お店で作っているたまごサラダ。

これで120円くらいでした。

 

87085

じゃがいもの甘みそ煮なんていう、季節をちゃんと取り入れたものまで。

しみじみ幸せになれます。

 

87078

ごま豆腐まで作ってるよ!

むっちむちです!ごまごましてます!

 

87084

呑んだ時にうれしい、おつまみ系も充実。

もつ煮ももちろん手作り。

もつごろごろ。にんじんだいこんたっぷり。

 

87083

こんにゃくまでお店で作ってます!

新鮮ぷりんぷりんなので、お刺身で。

 

87077

NHK歌謡コンサートの杉良太郎様に見入っている千明氏。

それでも唐揚げは放さない。

濃いめのしょうゆ味でご飯が進むんですよ。これが。

 

87070

3人で、お腹いっぱい食べて、お会計1,895円。

1人あたり630円。

このときは、車の関係上、お茶にしたのですが、お酒つけても1,000円いかないお得さ加減です。

 

ちゃんとお店で調理されているので、お惣菜食べた時にありがちな

「何か添加物っぽい匂い」が全くない上に、新鮮。

 

お惣菜が「疲れた時の逃げの一手」じゃなくて、

「元気を出したい時の強い味方」なわけです。

 

しかも、添加物入ってないから、18時ごろ行くと、

半額祭が開催されていることも…!

ありがたやありがたやです。

 

 

余談

さっき、店舗の写真撮りに行ったついでにお店入ったら、

ふきのとう売ってたので、ついつい購入。

 

これだけみちみちで98円!

東京の半値くらいですね。

 

にんにくを油で炒めた所に、ツナ缶入れて最後にふきのとう混ぜてさっと炒めると、

イタリアンでおしゃんてぃなおかずができます。

パスタと合えてもおいしいですよ。

87589