私と(ほぼ)同姓同名の、母の文通相手に佐渡まで会いに行った!

もう雪の降る前の話なのですが、私と(ほぼ)同姓同名の、母の文通相手に佐渡まで会いに行きました!

IMG_20141122_095612

(冬の日本海!曇天!)

 

会いに行った、
というよりは、呼んでいただいた、のほうが正しいかもしれませんが、
実は母が私を産んで間もなくの頃、育児雑誌の文通コーナーにて、私「坂下可奈子」とほぼ同姓同名だった、「坂口可奈子」さんを発見し、さっそくお手紙を書き、文通が始まったらしい。

(当時は、プライバシーうんぬんなんてなかったので、そのままどーんと住所が載ってたらしい)

 

そして今回、佐渡の可奈子さんの旦那さんが北越銀行の、北親会という銀行の会員さんの会の会長さんということもあり
その会の講演にお声をかけていただきました。

 

ながい、ながい時と地域を超えて、
佐渡に住む文通相手の可奈子さんと、香川の可奈子は、母が手にした育児雑誌をきっかけにゆっくりゆっくり近づいていったのだなぁと思うと、じいんとあったかく、そして不思議なご縁を感じます。
DSC_0274

「こんにちはぁ」とそうっとドアから入ってきた可奈子さん。初めてお会いした可奈子さんは、ぱぁっと明るく、初めて会ったとは思えないものがあ(人見知りの私は)すぐ打ち解けることができました。

なんだか……写真を見ても、親子のよう!

旦那さまも言葉は少ないですが、とてもあたたかく、大きな懐を感じる素敵な方でした。たくさんの思い出に残る、佐渡来訪でした。

 

 

まだまだ話は続き、
佐渡来訪から約一ヶ月後・・・・・・

 

Fotor_141925335079732

佐渡から牡蠣が届きましたーーーーーー!!!!!!!
(最近ゲットしたアプリを無駄に使って当時の感動とキラキラ感を表現してみました。笑)

 

Fotor_141925326455886

しかも、軍手とピックとレシピが同封されているという、おもてなしホスピタリティのすごさ!!!

感動しました!!!!!

DSC_0527

殻をむいてるやつから手をつけます。袋に旦那さんの名前が書いてあり、旦那さんがとってきた模様!

わぁ牡蠣なんて!香川で小さいころ牡蠣小屋でうんと食べたのと、石巻でうんと食べた以来で(うんと食べるばかり。笑)
本当に本当に飛び上がるほと嬉しくて!!!!!

さとう家にて、大量の牡蠣を前に、さしみにしようか、鍋にしようか、フライにしようか多いに盛り上がり、結局……

DSC_0528

 

牡蠣鍋と牡蠣フライにして、さとう家にて牡蠣パーティしました!!!!!

Fotor_141925363627657

 

身体じゅうの力ががくうううっと抜けるほど、本当においしくて、おいしくて、おいしくて、ふるえるぅー!
佐渡から届いた坂口さん夫婦のやさしさも相まって、感動も倍増。

 

さとう家ファミリーのみんなで、おいしい牡蠣鍋とフライを囲むこの日、
運命はすべてこの日に向かって動いていたのでしょうか。
小さなきっかけが、時間をかけて大きな感動をもたらしてくれるのだなぁとしみじみ。
お母さん、可奈子さん、ありがとうございました!
佐渡にまた、大切な家族が増えました。