ちょっと生々しいけれど、大事な話。お金の話。

夏の最後のお手伝い大フィーバー確変中です。どうも。笹川です。

 

毎日「まんま戦記」にて、どんな仕事をして、何を得て、何を食べて生きているのかつづっておりますが、

今回は特別編です。

 

「インターンって、1年間収入月5万円なんでしょ?生きていけるの?」という、

身もふたもないけれど、大切な疑問にお答えしていこうと思います。

というのも、この疑問、おととい「まんま戦記」本編にも出てくれた、

インターン検討中の女子大生、水沼さんに聞かれたことでして。

こりゃあ、真剣に答えねばならんなと思うたわけです。

 

んじゃあ、まず、「インターンの生活費月5万円って、生きていけるの?」という疑問に

答える前に、「そもそも、生活していくために必要なお金って何?」ということを整理しておきましょう。

 

seikatuhi

 

イナカレッジのインターンには、生活費の月5万円の他に、

この表でいうところの「住」の部分は別途支給されます。

 

なので、住む場所とそこで最低限度の文化的な生活を営める保障は1年間されているわけです。

となると、5万円でまかなうべきものは、「生きるための費用」でいうと、食費と衣服代。

さらに、自分の趣味や貯蓄などの「より豊かに生活を活かしていくための費用」となるわけです。

 

では、私は生活費5万円をどう使っているのか?

ここからは、私個人の話なので、ざっくばらんにQ&A方式でいきましょう。

 

Q1.「インターン前は、勤め人してたということですが、貯金してました?」

A1.「新卒から3年と2カ月、会社に勤めてました。

 

正直なところ、タバコ・一人酒・賭け事・FX・自動車・ブランド品などなど、お金かかる趣味が全くないので、

お金使いどころない人間だったので、貯金は20代の平均額よりちょっと多いかも?というくらいでした。

 

また、本読んだり、文章まとめたり、絵を描くのが好きな性分なので、

いつかまた大学復学するか、働き方変えてみたいなぁというぼんやりした思いもあって、

貯めていた部分もあります。」

 

Q2.「それだけ貯めていたんだったら、月5万円で余裕ですよね?」

A2.「えっと…。ここでちょっと強敵、といいますか働いていたから出てくる問題が出てきます。

「税金」ですね。ざっと計算したら、住民税・国民年金・健康保険合わせて5万円超えましたね。。。

ちょっとびっくらこきました。うん。

でもこれは払っとく必要があるので、実はいただいている生活費は全部税金の支払いに使ってます。

 

学生さんであれば、社会保障費などはかからないので、この辺はかなり減るかと思います。」

 

Q3.「となると、食費や衣服・交際費は貯金崩している、ということですね。」

A3「そうなんですよね…。貯金全部使うのはちょっと怖かったので、

月額 1万円(生活費としていただいている5万円をずべて税金支払いに使っても、まかないきれない分)+5万円(生活費)

で6万円、年額で72万円を貯金崩していい最大金額にして、

後は今後自分がやりたい仕事を固めたときの初期費用として、おろせないようにしました。

 

なので、毎月使っているお金としては、イナカレッジからいただく5万円と自分の貯金6万円を合わせた11万円になります」

 

Q4.「毎月の11万円の使い道を教えてください。」

A4.「ざっくりいうと、こんな感じです。

kakei_0826

税金の割合が大きいですが、そのほかに大学の頃の奨学金の返済と、

生命保険の積立という費用もかかってます。

奨学金は、1年間猶予してもらうこともできるのですが、必死のパッチ感出したほうが、

1年間でいろんなもの見つけるように動くかなと思い、払ってます。

 

食費は、「まんま戦記」本編にも書いてるのですが、1食大体30円台後半~40円台です。

すなわち、1日100円~120円前後。1カ月3000円~3600円ほどと計算できます。

本当に川口のみなさんに助けてもらってます。。。

今月はまかないついでに食べさせてもらったのもあるので、来月以降はもう少し食費がかかるとしても、

何とか月5000円以内に収めるようにしていきたいですね。。。

 

残りの「その他」の費用は、歯ブラシとか石鹸とか、たまに化粧品買うお金です。

大体翌月に繰り越して、冬の防寒着買う用にちょっとずつ貯めてます。」

 

Q5.「かなりギリギリ感ありますが、他に人に助けてもらっているところはありますか。」

A5.「実家にはかなり世話になってます。。「1年間挑戦してみたい」と話して、相談した結果、

「通信費用は、家族割引とかもあるし、インターン終わるまで出すよ」と言ってくれました。。

なので、スマホとPC用に使っているモバイルルータ費用を出してもらってます。。

月1万4000円ほどですね。ほんとうにありがたいです。

秋になったら、お米持って帰省します。正月は餅持ってきます。春は山菜取ってきます」

 

Q6.「地域おこし協力隊など、収入もらいながら中山地域で働く手段はありますが、

なぜ費用的にギリパツなインターンにしたんですか?」

A5.「いやあ…。実は、『最初に見つけたのが、このインターンだったから』という答えにいきつくんですよね。

サイト見て、『面白そうじゃない』と思って、地域おこし協力隊などを知る前に、イナカレッジに連絡してみたら、

すぐに「来てみたら」という話になり、その週末偶然予定空いてたんですよね。

それで、川口来たら、やっぱり面白かったんですよね。

 

かなり、いきあたりばったりですが、「今やってみたい。やらないとうだうだ後悔しそう」と思ってしまったので、

飛び込んでみました。

某谷の旅人もこう言ってますし。

synafukin_0826

 

「お金はちょっと貯金もあるし、他で使わなかったから、ここで冒険してみたい」という

思いもありましたね。」

 

まとめてみると、インターン生活ってどうなのよ?

最後に実際の生活の正直なところを、まとめてみました。

 

matome_0826

 

 

かなり、ガチンコな話でしたが、「応募しようかな?」と思う方はまだ、不安もある気はします。

その悩みは、一人で考えても答えでないやつなので、正直にここから、聞いてみるのがいいと思うのです。

未来にどこかであなたと会えるのを楽しみにしております。

 

ほいではまた。