【終了しました・レポートがアップされています】集落点検・復興検証~誰でも手に入る情報源から地域の状況を把握する~

sawada

■日時:5月31日(金)14:00~17:00
■会場:長岡震災アーカイブセンターきおくみらい
■講師:澤田雅浩氏(長岡造形大学 建築環境デザイン学科 准教授)
■内容
国勢調査や地図情報の活用方法など過疎・高齢集落の実態調査の手法を学ぶ。また、中越大震災復興調査のデータを説明し被災集落へのアプローチについても考える。
■講師発表資料
集落点検・復興検証

統計データを活用しよう

国勢調査は、西暦で言うところの5と10の年、5年毎に行われています。国全体で法律もあって行っている統計です。2000年からは町丁目(大字)の単位で集計されています。ただある程度以下で世帯数が少ないところは、秘匿データとなっています。そうしないと1世帯の地域であれば、個人が特定されてしまうわけです。

農業センサスも同様に5年毎のデータになっています。国勢調査は町丁目なので、集落毎の単位ではありません。農業センサスは、いわゆる農業集落単位となっています。人口までは農業センサスではありませんが、兼業農家の数や寄り合いの数なども見ることができます。

住民の人口を扱っているものとしては住民基本台帳というものがあります。これは市町村ごとに毎年作っているものです。このデータは、住民票が置いてあるベースで見ることができます、国勢調査はそこに実質住んでいるベースです。住民票とそこに住んでいる人というのが一致しないケースがあります。なので、住民基本台帳のデータと国勢調査のデータを混ぜて使わないようにしてください。

■参考資料■
「国勢調査」データ入手先(e-Stat)
町長目大字単位のデータは、「小地域データ」と呼ばれるもの。
H17年度から以前の「小地域データ」は「e-Stat」からダウンロードします。ダウンロードの方法はこちらに記載されています。
「農林センサスデータ」入手先(e-Stat)
データのダウンロード方法は、上記「国勢調査」と同様の方法による。

shoolco_s3

e-Statというサイトを活用すると、国勢調査データや農業センサスデータを地図で表すことができます。ただ、インターネットなので遅くて使いにくいです。また1つのデータを地図で表すことができますが、2つのデータを比べるとなるとなかなか難しい。その場合は、エクセルデータを「データをダウンロードする」というところでパソコンに落とすことができます。

shoolco_s5

いわゆる集落名を見ることが出来るのは右側の「農業センサス」の方ではないでしょうか。左側の「国勢調査」のデータは、町丁目つまり大字単位となっています。

shoolco_s7

平成12年から平成22年でデータの推移を見たい場合は、市町村合併しているので地名表記が変わっているので注意が必要です。中越地域に関しては、その地名の変更対応用のエクセルファイルを配りますので、持って行ってください。

GISの活用

本当は、GISというソフトを使った方がいいです。色んなデータを、地図に載せることができるソフトです。

shoolco_s10

地図をどう作るのかという説明をします。国土基本図と言われているものがあります、1/2,500国土基本図は町中しかありません。市町村が5年に 1度作り変えています。1/5,000国土基本図は皆さんが活動している地域はあると思います。日本全国必ずあるのが、この1/25,000の地形図とい うものです。

1/25,000は地図としてはかなり小さいです。地域で使う場合は、1/2,500か1/5,000を使いたいところです。 市役所に言って国土基本図を欲しいといえば少なくとも1/5,000の国土基本図は手に入れることができます。昔は紙の地図を貼りあわせてコピーしたもの しか買えなかったのですが、長岡市はデータで作って印刷してくれます。さらにGISで使えるデジタルデータが整備されてきたということです。

基 盤地図情報というものがあります。国土地理院が、1/2,500と1/25,000のデジタルデータがどんどんできていきています。1/2,500のデー タだと建物の形状まで見えてきます。ただ、皆さんが活動する地域はそもそも1/2,500の地図がないので、整備されないかもしれません。
これは全部データをダウンロードできます。

この基盤地図情報を開いて表示させる基盤地図情報閲覧コンバートソフトもあります。そうすると実際に地図を作るという事がみなさんにもできます。

■参考資料■
国土地理院 基盤地図情報のダウンロード
基盤地図情報閲覧コンバートソフト(このページの一番下)

shoolco_s11

地図を使ったWSの事例

栃尾のある地域で水害の対策マップを作ったものです。模造紙広げてやるよりも、この家の脇を水が通ったとかそいういう話ができるわけです。

shoolco_s15

  • 長岡震災アーカイブセンターきおくみらい (長岡市大手通2-6フェニックス大手イースト2F)
  • 5月31日(金)14:00~17:00