全国移住女子サミット2016powered by
移住女子サロン

MENU
イベントに参加する

全国移住女子サミット2016powered by 移住女子サロン

イベントに参加する

全国移住女子サミット2016

イベントへのお申し込み

地方を選んだ女子
新しい暮らし方

自分らしく、楽しく生き生きと働き続けたい。
季節の移り変わりを感じながら暮らしたい。
身の回りにいる人とのちょっとしたやりとりに
幸せを感じたい。
キラキラとした憧れの暮らしを送りたい。

移住女子のローカルライフラボは、好きな地域で好きな人と暮らすために、
一緒に地方で頑張る仲間が集うコミュニティです。

SERVICE

  • 01.暮らしのリアルが知れる
    地方の暮らしって実際やってみるとどうなの?移住女子が地方暮らしのいいこと、わるいこと全部語ります!
  • 02.つながりが広がる
    全国の地方でオリジナルな暮らしを作っている移住女子のネットワークづくりが出来ます。
  • 03.現地で会える!
    移住女子が暮らしている地域に行って、実際の暮らしを体験が出来ます。

MESSAGE

自分らしく、楽しく生き生きと働き続けたい。季節の移り変わりにづいたり、身の回りにいる人とのちょっとしたやりとりに幸せを感じたい。キラキラとした憧れの暮らしを実現するために、今、都会にいる女性が気づきはじめた選択肢。
「地方でオリジナルな暮らしをつくる」こと。
一歩を踏み出そうと調べはじめたら、「家」、「仕事」、「自然」の情報は簡単に手に入る。でも、本当にほしいのは
「先輩移住女子の選択の理由」
「背中を押してくれるきっかけ」

全国移住女子サミットは、未来の移住女子たちに向けて、”少しだけ先に”オリジナルな暮らしを実現した先輩移住女子が、選択のヒントを教えてくれたり、背中を押してくれる会です。
移住女子オンラインサロンはこちら

ABOUT

移住女子サミット3つのできること

TALK SESSION vol.01

オープニングトーク:地方を選んだ女子の
あたらしい暮らしかた

16:10ー17:20

移住女子は、なぜ地方を選んだのか?地方で暮らしをつくる魅力や
これからの地方の未来について、3名のゲストが語ります。

2nd SESSION

第2セッション:分科会1

17:30ー18:30

各テーマを選んで分科会を行います。ここからはケータリング付!
移住女子の地域の食材をつかった料理を片手に交流します!気になるテーマにご参加ください。

3rd SESSION

第3セッション:分科会2

18:40ー19:40

各テーマを選んで分科会を行います。気になるテーマにご参加ください。

INFORMATION

開催概要

日程
2017年1月21日(土)(16:00〜20:30)途中退席自由
場所
CHAIRS(〒104-0061 東京都中央区銀座8‐9‐13 2F)
対象
移住女子の暮らしに感心のある方、地方での暮らしを考えている方
定員
80名
参加費
2000円(フード・ドリンク付き)
プログラム
16:00〜 開会
16:10〜 オープニングトークセッション
17:30〜 分科会1
18:40〜 分科会2
19:50〜 クロージングセッション
20:30  終了
締切
1月18日(水) ※先着順のため、早期に終了する可能性があります
主催
にいがたイナカレッジ

お申し込み

イベントの参加申し込みは、こちらのボタンよりお願いいたします。

イベントへのお申し込み
ヒビノケイコ四コマ漫画エッセイスト 高知県嶺北地方

1982年大阪生まれ。京都精華大学芸術学部卒。4コマエッセイスト・講師。自然派菓子工房「ぽっちり堂」オーナー。京都郊外での田舎暮らしを経て2006年、出産を機に高知県嶺北地域に移住。ぽっちり堂起業。2014年〜作家活動、2015年〜全国開催の「ぽっちり舎」講座運営。

閉じる

佐藤可奈子かなやんファーム 新潟県十日町市

香川県生まれ。28歳。当時は海外支援の分野で働きたいと思い、立教大学法学部政治学科に入学。在学中に当時6件13人だった新潟県十日町市の池谷集落の農業体験に参加。卒業後、集落に移住して就農。その後、かなやんファームとして水稲、さつまいも、なすを栽培。移住女子フリーペーパー「ChuClu」編集長として、里山での魅力ある生き方を発信。また地元農業女子と女性用の農作業着「NORAGI」を開発。2014年十日町市農業委員に就任。2015年は十日町・津南町若手ファーマーズちゃーはんをプロデュース。ギフトブック「feelfield」発刊。現在、新潟日報にて「きぼうしゅうらく」、全国農業新聞にて「一粒万倍」を連載中

閉じる

栗原 里奈寿々瀧 Producer 新潟県長岡市

1986 年千葉県松戸市生まれ。東京の大手企業に勤め、裕福な暮らしに満足していた中、東日本大震災を経験。お金があってもお米が買えない体験をし、お金に依存し過ぎた暮らしに気づく。自ら作り食べる「手をかける」生活に憧れを抱くように。その後退職し、東京でツアーコーディネーターとして働いていた頃、新潟でパートナーを見つけ、結婚にまでこぎつける。2012 年4 月、結婚を機に新潟県長岡市の中山間地に念願の移住を果たす。2014年6月第一子を出産。地域の人に見守られながら子育て奮闘中。現在は新潟地域プロデューサーとしてイベント企画・運営だけでなく、講演や執筆活動にも邁進。株式会社FARM8に所属しながら、食を中心とした新潟県の文化の発信に努めている。長岡農×食のプロデュース団体「NPO法人思いのほか」の代表も務める。

閉じる

伊佐 知美灯台もと暮らし 東京都

1986年生まれ新潟県出身の編集・ライター。㈱Wasei所属、これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』編集長、『編集女子サロン』主宰のほか、イベント司会、ライティング講師などフリーランスの仕事もします。2016年4月より世界一周の一人旅に出発。既婚・会社員のままどこまで自由に生きられるか実験中。帰国後は2〜3拠点居住を希望。

閉じる

水沼 真由美大学生 新潟県十日町市

1994年生まれ。神奈川県横浜市出身。法政大学現代福祉学部を休学中。地域づくりに興味を持ち、勉強をしていく中で、大学の講義でもらった移住女子のフリーペーパー『ChuClu』をきっかけに、にいがたイナカレッジの長期インターン生として新潟県十日町市に移住。地域のお母さんたちの直売所『千年の市じろばた』を拠点に地域の食材を使用した加工品販作りや販売に加え、田んぼや畑の農作業を通して6次産業を勉強中。十日町の人や移住女子の先輩に支えられながら移住ライフを楽しみながら奮闘中。

閉じる

畠山 千春暮らしかた冒険家 福岡県糸島市

1986年生まれ。3.11をきっかけに大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ、自分の暮らしを自分で作るべく活動中。2011年から動物の解体を学び、鳥を絞めて食べるワークショップを開催している。2013年狩猟免許取得、狩りを始めながら、獲物の皮なめしなども修行中。現在は福岡県にて食べもの、エネルギー、仕事を自分たちで作る「いとしまシェアハウス」を運営。2014年に木楽舎より『わたし、解体はじめました―狩猟女子の暮らしづくり』を出版。

閉じる

渡辺 加奈子フリーワーカー 長野県栄村

1982年生まれ。大阪府出身。大学の調査研究をきっかけに訪れた長野県栄村に2008年移住。移住前は、京都の私立大学で事務職員として働いていたが、栄村で暮らす人々の生きる力の強さに憧れ「むらの人たちのようになりたい」と移住を決意。 移住後は、自身の住む青倉集落で「青倉米」を生産する青倉受託作業班の仲間に入り、生産と、米や野菜の産直活動を行う。また、村中にあるさまざまな仕事を発掘し「むらの猫の手」となるべく、農業、体験プログラム、NPOの「人手が足りない」ところの事業支援を行う。自身では、栄村の伝統食である「あんぼ」づくりのワークショップを実施し、様々な仕事や人たちとの交流を通して、むらの暮らし方を楽しんでいる。

閉じる

島本 幸奈Fishermanjapan 宮城県石巻市

1991年千葉県生まれ。震災がなければ、名前も聞いたことなかったし、来ることもなかっただろう宮城県石巻市での移住生活も6年目。漁業をカッコよくて、稼げて、革新的な「新3K」を目指す、一般社団法人フィッシャーマン・ジャパンに立ち上げから関わり、海と共に生きる男達と共に、担い手育成事業や情報発信、個人向け販売、交流イベントなどに携わり水産業の魅力を全国に発信している。自分が感じた漁師たちのカッコよさと彼らのつくる海産物の美味しさに感動を、ひとりでも多くの人に届けるために日々奮闘中。

閉じる

土屋 望生NPO法人ETIC. 熊本県球磨郡五木村

熊本県球磨郡五木村まれ。人口1200人の村で山と川の雄大な自然に囲まれながらのびのびと育つ。小学生のころは、同学年の児童がいな かったため万年家庭教師のように先生を独占したり、授業で炭窯や炭を作ったり、帰り道でアケビを食べながら帰ったり。高校入学と同時に村 を出て、大学は熊本県立大学へ。長期実践型インターンシップを通じて熊本を盛り上げる一般社団法人フミダスにて、学生スタッフとしてイン ターンコーディネート業務に従事。熊本にいる経営者、地元を愛する人々の熱に触れ、将来は五木村にUターンすることを決意。現在は地域に 特化したプログラム・機会を創出するNPO法人ETIC.チャレンジコミュニティ事業部にて修行中。

閉じる