【通い型インターン】地域の拠点と人をつなぐプロジェクト

受け入れ地域について

新潟県の真ん中あたり、海も山もある地域、柏崎市。その中でも特に海沿いで、なだらかな田畑が広がる町が、西山地区です。2005年に柏崎市に合併した西山町は、別山・石地・大田・中川・二田・南部の6つの地区で成り立っており、人口は全部で6600人ほどです。町内にはスーパーやホームセンターなどがあり、その他にも道の駅や、白鳥が毎年たくさんくる池、海水浴場やわさび園などがあります。

そんな西山町では、今年、別山・石地・大田・中川の4つの地区の公共の地域活動の拠点「コミュニティセンター」がひとつにまとまることになりました。コミュニティセンター=通称「コミセン」では、地域住民がこの町で楽しく安心して暮らせるように、スポーツや文化活動を含めたコミュニティ活動のサポートをしています。これまで4つの地区が個々にやってきたコミュニティセンターがひとつにまとまるということは、より広い範囲の住民の声を広いながら、この町の現状をふまえた活動の場や取り組みをつくっていかなければならないということ。そこで、この地域を知らない大学生に来てもらうことで、外からの視点で地域の方のお話しを聞いてもらい、この地域にどんな魅力があるのか、どんなものがほしいのかを見つけていくインターンを実施することになりました。

プロジェクトのゴール

今回のプロジェクトのゴールは以下の3つになります。

① インターン生の皆さんが、西山地区の方と仲良くなり、また来られる関係性ができていること

② 西山地区の暮らしの魅力や大変さを住民の皆さんから聞き、農業含む暮らし体験を通して、地域の拠点コミセンでできることについて言葉などにすること

③ 11月のコミセン記念イベントで、住民やコミセンの皆さんにプロジェクトの成果をお披露目することを通して、西山の魅力やこれからの展望が地域で共有できていること

今回のプロジェクトは「通い型」のプロジェクト。9月に3~4泊程度西山地区でさまざまな体験をし、その後10月の週末に1回、さらに11月にはコミセン記念イベントに来てもらい、そこで成果のお披露目をする予定です。

地域の皆さんが西山をもっと好きになり、これからもコミセン活動とともに頑張っていこうと思えるようななにかを、インターン生チームのメンバーでつくりあげていくプロジェクトです。

 

プロジェクトの特徴と流れ

こちらのプロジェクトは「通い型」ということ、長い期間滞在することができない学生さんでも参加しやすいと思います。また、「コミュニティセンター」という受け入れ主体も柏崎市としては初めての取り組み。地域で暮らす一人ひとりの住民の気持ちだけでなく、地域の拠点をどうつくっていこうか?と奮闘する皆さんの気持ちや視点も学べると思います。

今回は、西山地区全体を見るには時間が足りないので、特に「別山」という地域で過ごす時間が多いと思います。稲刈り体験や人にお話しを聞く中でわかったことや感じたことをふまえて、11月のイベントでインターン生自身が企画する成果のお披露目を行ってもらいます。

9月中旬に行う3~4泊の滞在日は、まずは思いきり地域を感じ、楽しんでください!10月、11月はお披露目企画に向けた動きをしていきます。

 

受け入れ地域の皆さん

今回受け入れてくださるコミセンの皆さんです。みんな地元で暮らしている方々でもあるので、わからないこと・知りたいことはなんでも聞いてみてください!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響について

インターンシップの参加対象学生は、新潟県内含む日本全国の学生です。参加前にPCR検査を受けていただき(費用はこちらで負担)陰性であることを確認してもらい、日々の感染対策もしてもらった上で参加いただきます。

また、新潟県内の感染状況によっては、中止や延期となる可能性もあります。ご了承ください。  ※滞在中も、マスクや検温などの感染対策にご協力いただきます。

コミセンの外観

よくある質問

地域インターンの参加について、よくある質問にお答えします!

①費用はどれくらいかかりますか?

A. プロジェクトの参加費・滞在費は無料ですが、自宅から現地までの交通費・現地でかかる食費・消耗品は実費となります。

②滞在先はどういったところですか?

A. 地域内の集会所に泊まります。生活できるだけの家具・家電・インターネット環境はこちらで用意します(駅前や街中ではないのでコンビニやスーパーは近くありませんが、必要な頻度で車でスーパーまで送り迎え等はできます)。食事は自分達で自炊してもらいます。

③社会人も参加してもいいですか?

A. 滞在できるのであれば、社会人でも参加OKです!他のメンバーと同じようなスタンスで参加いただけるのであればどなたでも応募できます。

④日程調整(途中抜けなど)はできますか?

A. 基本的にはこちらで来てほしい期間が決まっているので、大きくは外れないで参加できることが望ましいです。ただ10月の来訪日は皆で予定を合わせようと思っていますので、コーディネーターと相談してください。

⑤定員オーバーになることはありますか?

A.過去、選考を行うほど定員オーバーになったことはほぼありません。ただ、応募期間が終わってから面談・プロジェクトの調整を行うわけではなく応募があった順に面談を行っていきますので、検討している方は早めに問い合わせだけでもしていただけると把握できるのでありがたいです。

その他聞きたいこと・気になることがある方は説明会かこちらのお問い合わせまでご連絡ください!

募集要項

活動内容 <9月> ※17日~20日頃の予定
・オリエンテーション
・稲刈り体験
・地域のサロンへの参加
・地域の人のお話しを聞く

<10月>※1泊
・11月のお披露目企画に向けた準備
・地域の人のお話しを聞く

<11月>※1泊
・コミセン記念イベントでお披露目企画を実施
・お疲れ様会
期間 3~4泊+1泊2日が2回
時期 9月、10月、11月
募集人数 4人
滞在場所 別山地域の集会所
滞在費 無料 ※現地までの交通費・現地での食費はかかります
受入地域で用意いただいているもの 生活に必要な家具・家電など
応募締切 2022年7月18日 ※申し込みがあった順に対応しますので、これより早く締め切る場合もあります