※こちらの募集は終了いたしました。

\地域団体オレモオメモ×イナカレッジ/海辺の集落で暮らしを見つめなおす冊子づくりプロジェクト

場所
村上市上海府

海沿いに連なる昔ながらの集落で、地元の若いチームと共に「地域を好きになる冊子」をつくってみませんか?

村上市上海府(かみかいふ)地区で活動する、地域団体オレモオメモ

新潟県の最北端、村上市の海沿いに8つの集落からなる上海府という地区があります。青い日本海が目の前に広がり、

住民は日本海と山に挟まれた狭い土地の中に暮らし、先祖から受け継がれてきた小さな田畑を耕し、時には小舟で魚を獲って生活してきました。 食卓には畑で作る野菜に加えて、春は山菜、夏にはサザエ・アワビなどの海の幸が並ぶ自然豊かな地域です。 日本海は春から夏にかけて穏やかな表情を見せますが、冬には道路までしぶきが届くほどの荒波が打ち寄せてきます。

昔から地元に産業が無いため現役世代は他所に職場を求め、若者の多くが進学や就職を機に地元を離れて戻ってくることは稀。 地域では多くの行事を行ってきましたが、近年では少子高齢化に拍車がかかり、行事の存続も困難な状況となってきました。

オレモオメモは、2019年に発足した、地元出身の若者を中心としたチーム。地元のつながりやデザインのスキルなどを活かし、これまでにまちあるきをして写真集をつくるイベントや、浜辺のクリーン作戦、空き家をDIYし一室を借りた拠点づくりなど、1年とは思えない活動の多さと関わりたくなる魅力の強さで、さまざまな人の心を地域へ向けてきました。

メンバーの皆さんは他に本業を持って仕事をしながら、想いをもって積極的にオレモオメモに関わる方々ばかりです。上海府の8つの集落のことも良く知っていて、それぞれに違いや個性があることも教えてくれました。

床はりの様子

新潟県内で関わってくれる仲間を増やしたい

オレモオメモの皆さんは、今年は新型コロナウイルスの影響で活動を小さく続ける形になっていますが、「外の人からの視点が中の人の心や固定概念を動かすのではないか」と、関わってくれる外の人を受け入れる企画をイナカレッジと一緒につくってみたいと考えています。

もともと、新潟の人でさえなかなか知らない上海府という地域。まずは新潟県内の人で、1回来た後も何度か通ってもらえるような方に来てもらいたいという話に。地元の若者が少なくても、外から地域を好きになってくれる人が仲間になってくれたら、これからの活動に可能性が広がります。

そして、オーナーと共同DIYで改装が進んでいる空き家「AGハウス」も滞在用に使ってみたいと思っています!平屋の広いお家には、昔使われていた水場や立派なタンス・いろりの跡などもあります。

もうひとつ、オレモオメモのメンバーが考えているのは、「集落の高齢の方々にも、より地域のことを前向きに考えてもらいたい、このような若者の動きを応援してもらいたい」ということ。もちろんさまざまな面で既に応援してくれている方もいるのですが、まだこのような動きをよく知らない住民の方もいます。外の人が来て、地域の人に話を聞いたりすることで、地域内の仲間も増えていくかもしれません。

家の間を流れる水路

時期は未定!1週間程度の滞在型で、関わりたい方はご連絡を

今、新潟県内でも新型コロナウイルス感染者が増えたり減ったりと、なかなか先行きの見えない状態。集落の方々は高齢の方が多いこともあり、滞在してお話しを聞きに行ける時期は決められないでいます。

10月になるか、11月になるか、それ以降になるかもわかりません。ただ、先に興味がある方とつながっておけば、そこからいつどのように実際に地域を訪問できるかを一緒に考えることもできます。とにかく、この地域やオレモオメモの活動に「いいな」と思って関わりたくなった方は、ぜひ下の応募フォームからご連絡ください。

ちなみに、プログラムとしては、1週間程度を考えています。地域の人との交流・地域を好きになる冊子づくりの主に2つを行うため、これくらいの期間は滞在してもらうことが大切だと考えています。また、編集の仕方などもレクチャーしていきます。そして、地域を歩いて聞いて感じたことから、行事や食などのテーマや内容は皆で話し合って決めていく流れとなります(8つの中のどこか1つの集落に特化して話を聞いていく可能性が高いです)。

対象は、新潟県内の大学生もしくは20代~30代の社会人の方。車がなくても、編集やデザインを学んでいなくても構いません。

ぜひご応募お待ちしています!

 

 

募集要項

期間 1週間(数日になる可能性もあります)
募集人数 3~4人
滞在場所 AGハウス ※お風呂がないため、近くの温泉施設などを利用します
滞在費 無料※食費がかかります

応募方法

参加までの流れ 応募フォームに記入

イナカレッジスタッフと面談

オレモオメモのメンバーとオンラインで話す

時期などは様子を見て決定

※こちらの募集は終了いたしました。