ナリワイの匠の知恵と技に迫る!里山の文化と生活の体験記録プロジェクト【1か月インターン】

場所
柏崎
仕事
里山の文化記録

受け入れ地域の概要

柏崎市別俣地区は、新潟県の真ん中、海よりにある柏崎市の、山あいにある3つの集落から成る地域。現在、合わせて132世帯が暮らしています。

周りを山に囲まれた平地で作るお米は、きれいな水が流れ込むため、絶品。また、10年以上前に閉校した小学校の旧木造校舎を「体験交流施設」として開き、地域の方がさまざまなイベントを実施したり食堂を運営したりしていて、こうした活動を地域住民自ら生き生きと行っています。

インターンを受け入れる背景

別俣地域では、「別俣の未来を考える会」と称した、過疎高齢化の進んできたこの地域の現状と今後について改めて考え、できるアクションをしていくための会が2019年から始まりました。

その中で、「住み続けたくなる地域としての魅力をつくっていきたい」「この地域の宝である生活の知恵と技を次世代に残していきたい」という思いから、インターン生を受け入れることに。

ナリワイの匠たちがたくさんいるこの地域の「魅力」を外から来た地域を知らない人の目線で見てもらうことで改めて捉えなおし、記録・発信できるようにしていくことを目指します。

プロジェクトのゴール(なっていたい状態)

① 地域のことを知らない学生が期間限定のムラビトとして1カ月を過ごし、新たな関係性や気づきが地域に生まれていること。

② インターンを通して、別俣地域の「良さ」が具体的にどんなものなのかが再発見・再確認できていること。

③ 別俣の魅力を今後外から来る若い人に伝えられるようなツールができていること

プロジェクトの特徴

この地域には、「知恵と技をもつナリワイの匠」がたくさんいます。また、そうした人たちを大事にしていこう、宝にしていこうという思いもあります。

郷土料理、わら細工などの「知恵と技」にできるだけ多く触れてその内容を大学生なりの視点で掘り下げ・記録してもらいたいので、師匠たちとたくさんお話し、なにかを教えてもらう機会の多いプロジェクトだと思います。師匠たちは60代後半~80代の年上の方が多いです。人生の大先輩でもありますので、そういう方たちと時間を過ごしたい人におすすめです。

受け入れ地域からのメッセージ

今回、インターン生受け入れのお世話係となってくれるのが、こちらの2人。池嶋武盛さんと木暮覚さんです!頼りがいがあってとてもやさしい雰囲気の2人。

「知恵と技は暮らしの中にあります。一緒に見つけてみよう!」

コーディネーターからのメッセージ

山々を抜けるとさっと美しい田んぼと村が現れる、空中都市のような別俣集落。皆さんが本当に楽しそうに生き生きと集落のことを語ってくれるのが印象的です。ぜひこの地で発見の多い1か月を過ごしましょう!

募集要項

研修・活動内容 STEP1 地域のことを知る・暮らす・歓迎会

STEP2 地域の発信の勉強・ナリワイの匠たちに話を聞く・技を体験

STEP3 どんなものをつくるか編集会議・引き続き地域の人と交流

STEP4 成果物完成・お披露目会
研修期間 3週間~4週間(学生の夏休みの長さなどに合わせます)
研修時期 8月末~9月中旬
募集人数 3人
求める人材像 ・農村の暮らしやそこに根付く文化などに興味がある人。
・第二のふるさとがほしい!という人。
・人と話をするのが好きな人。
滞在場所 地域内の空き家(インターン生3人で共同生活・個室あり)
滞在費 無料※食費がかかります
受入地域で用意いただいているもの 生活に必要な家具・家電など
応募締切 2020年7月31日