\第一弾イナカレッジお米レター、お渡ししました!/

関川村と柏崎のお米を1人暮らしの学生に!イナカレッジお米レタースタート

緊急事態宣言中のゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。新潟も気持ちの良い晴れが続き、田植えの準備が進む田んぼが広がるものの、出歩いている人が少なく、みなおうちや近所で過ごしているような雰囲気でした。

そんな中、ゴールデンウィーク前までに募集していた、1人暮らしの大学生にお米と手紙を送り、お礼の手紙をかえす「イナカレッジお米レター」の受け渡しを行いました!イナカレッジスタッフが大学の近くまで行き、屋外で少人数・短時間で受け渡しました。

ずっしりとしたお米3キロとお手紙・おまけのもの。これで1カ月弱くらいはもつくらいの量だと思います。「研究室にいけなくて暇です」「オンラインで就活がんばってます!」「入学したのに学科の友達の顔がわからない」「バイトの塾はオンライン授業やってます」などなど、少し近況を聞けてよかった!

新潟大学生にお渡しした場所は内野駅近くのお米屋さん。お米のとぎ方を聞いている子もいました。

今回のお米は、柏崎と関川村の、いずれも活動的で農村暮らしの良さを発信しようと頑張っている地域。

★柏崎市別俣(今年インターンを受け入れたいと考えています)

https://www.facebook.com/KiraraBetsumata/

★関川村鮖谷(去年のインターン生が書いたブログ)

私の特別な「日常」【大貫史織】

コロナが落ち着いたら、遊びにいきたいと言ってくれる子も多かったので、地域訪問ツアーやりますよ!

新潟県立大学にもお米を渡しに行きました。こちらは、去年トビラに参加してくれたふうかちゃんが学生の連絡役になってくれました。ありがとう!

また、早速家でお米を炊きました、と連絡をくれる子も。一部紹介させていただきます。

***

お家に帰って早速いただきました。とてもとても美味しかったです、、、。 この大変な状況で自分たちのことで精一杯な人が多い中、自分以外の周りの人の為に何ができるのか考えて行動できることが本当にすごいと思います。人との繋がりがあまりない状況ですが、炊きたてのご飯を食べてとてもほっこりしました。美味しいご飯は元気の源ですね!!
(新潟大学・Yさん)
***

とてもきれいな写真で美味しそう!おにぎりにするのもいいですね。

お米を受け取った子たちには、「#イナカレッジお米レター」でSNSに投稿するか写真を送ってもらう予定。いろいろな食卓の様子、ぜひのぞいてみてください!

第二弾は多数の応募(かつOBOGなどのつながりではない)をいただいています。地域からのご協力も増えていてありがたい限りです。緊急事態宣言などが一区切りしそうな5月いっぱいまでやっていきたいと思っています!