ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
ものづくりをツギツナグ 「1月活動報告」

こんにちは!

荻ノ島1年インターン生の橋本和明です^^

1月は同じ町内の人に冬のものづくりを習っています。

 

具体的には

「菅笠づくり」

S__8847395

S__8847393

「編み物」

S__8847385

S__8847388

「かざりひょうたんづくり」

S__8847379

S__8847384

「米麹づくり」

S__8847394

「味噌づくり」

S__8847391

S__8847389

いまのところこれを習っているんですが、これから草履づくりなども習っていく予定です。

ぼくはこうしたものづくり。地域にのこる技や知恵はとても大切で次の世代へ繋いでいかなければいけないものだと考えています。

 

もしかすると技や知恵が消えたところで、「そこに家があれば、土地があれば、また住んだらいいじゃないか」と思う方もいるかもしれませんが、今の地域が地域として形を保っているのはそこに住んできた先人たちが知恵や技によってその地域を繋いできたからです。

山の管理や川の管理森の管理をしてきたから里山は保たれています。いまはこの知恵や技が受け継がれずに、地域つまりは里山が失われようとしている状況です。

これがなくなってしまえば、またそこに人が住んだとしてもそこはただの新興住宅地です。都会にあるそれと何ら変わりはありません。

だから受け継げるものは受け継いでいかないといけないとぼくは考えています。

といいつつも、実際はこれまでの地域の歴史の量から考えると、それらすべてを救うことなどは到底できず、その上澄みを少し掬う(すくう)くらいしかできないように思います。でもそれでも受け継ぐものと受け継がれるものが互いに幸せであれたらいいなあと思い、今日も次に繋ぐ活動をしています。

 

日々の考えなどについては個人ブログ「ツギツナグ」に綴っているので興味のある方は覗いてみてください^^

http://www.hashimotokazuaki.com/

 

橋本和明

hashimoto
hashimoto
荻ノ島インターン生
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP