ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
雪国の地域ぐるみの「暮らしとしごと」を体感する、小千谷市岩沢地域の半年インターン
  • 小千谷市岩沢地区 岩沢アチコタネーゼ

地域で学ぶ、「しごと」とは。

「しごと」ってなんだろうと、考える機会のある人は多いと思います。進路の決まっていない大学生はもちろん、仕事を始めてからも、きっと何年も何度も立ち返る問いなのではないかと思います。

世の中には、お金をもらう仕事、などいくつか「しごと」の種類があると思います。その中には、「地域での役割としてのしごと」というのもあると思うのです。

個人と個人でもらって返すの1本のやりとりで終わるしごとではなく、たぶん今この地域でこんなものが大切なんじゃないか。やってみなくてはいけないんじゃないか。「私が」やる人なのではないか。そういう思いを地域の中で行動に移すこと。

そんな「地域の中でのしごと」が息づいているのを特に感じるのがこの地域です。

いくつもの活動をしている団体があります。そのため結束力が強い部分もありながら、外にもよく開いています。農業をやっている人、農家レストランを運営している人、大学生と活動している人、お菓子を作って販売している人、地域のばあちゃんじいちゃんたちの生活を支えている人・・・様々な人が自然に、豊かに生きています。

そんな地域で、「地域の中のしごと」を感じながら暮らしてみることは、これからの、人生の「答え」ではないかもしれないけれど、「ヒントや可能性」を作ってくれるかもしれません。

ぜひ岩沢で、あなたらしく暮らしとしごとをつくってみませんか。

 

受け入れ団体と地域の紹介

岩沢アチコタネーゼ

インターンの受入先の岩沢アチコタネーゼは、『少子高齢化、担い手確保、過疎集落支援』などの地域課題の解決に向けて立ち上がった地域づくり団体です。以下のようないくつもの活動を皆で支えあって行っています。(詳しくはこちら

10380477_908797285823709_5673861926906857379_o

◆コミュニティビジネス 『より処 山紫』の運営

岩沢の人や文化、資源を“つなぐ”ための多目的交流拠点として、コミュニティ食堂『より処 山紫』を運営しています。事務局でも評判のランチスポット。どのメニューにもこだわりの野菜やお米が使われています。
ここを目当てに市外からも多くのお客さんが訪れている様子。(山紫の様子はこちら

山紫_1

59dbe5_9c7b3c464ccf48529d67992b3806eabb

◆お年寄り世帯の支援

豪雪地帯の共助の仕組みとして、除雪の支援や買い物等の生活支援などに取り組んでいます。

◆学生インターンの受入

これまで、4年間に渡って、夏休みを利用した大学生のインターン(おおむね2週間)の受入を行っています。インターンを通じて地元食材を使ったお弁当の開発・販売など、新しい活動もスタートしています。

◆都市交流イベント

棚田での米づくりをはじめ、毎年東京をはじめとする都市部の人たちとの交流を行っています。そこに学生インターンOBなども加わり、アチコタネーゼの東京支部も設立されています。

◆農家民宿の運営

2017年度春から、古民家を使った農家民宿「へんどん」を運営しています。全国放送のテレビ番組でも取り上げられ、一時話題に。広い古民家に、農村の民具で照明の飾りつけがされたりと、素敵な空間で宿泊することができます。

18035776_1048580265274864_119621735_n

 

 

岩沢地区

岩沢は、小千谷市の信濃川沿いから山間部へ広がる10集落260世帯の地域です。山間地は例年4m前後の豪雪に見舞われます。
里地と山間地とでは集落としての性格が大きく異なります。信濃川を通じた流通経路上にあった里地では、舟場を取り巻きながら産業が発展したので、商業的で、農家も兼業農家が多く見られます。一方山間地では傾斜の中での農業生産が産業の主体となっていて、純度の高い清水と寒暖の差の中でできる米は高い評価を受けています。

11950301_892848257418612_5974074645203356158_o

地域でしてもらいたいこと

 

①米づくり・野菜づくり・農産加工の6次産業実践農家での研修

◆小泉農産での農業研修

農業面での受入先は小泉農産。雪国の里地で1年を通じて農業・農産加工を行っています。農場主の小泉和弘さんは、農業大学出身。大学生がお手伝いに来ることも多い農場だそうです。

主に、米作り、野菜作り、農産加工を行っています。

特にこちらで作っている切り干し大根は有機栽培で育てたダイコンを使い、甘味があって非常に高い評価を受けている逸品。冬の間は特にこちらの作業のお手伝いをしてもらいます。

まずは小泉さんのお話を聞くだけでもきっと学びは多いはず!小泉さんのこだわりをぜひ多くの人に届ける方法も考えたりやってみたりしてもらえたらさらに面白いと思います。

koizumi2

11951877_910673009016504_943877908630260927_n

 

②岩沢アチコタネーゼと一緒に地域づくり活動

◆農家民宿の運営

2017年度春に岩沢に農家民宿「へんどん」がオープンしました。お母さんたちが夜は農村の美味しい料理を出してくれます。ここで様々なところから来るお客さんを迎えるお手伝いもしてもらいます。若い人から海外の人まで、幅広いお客さんが来ますので、思いがけない出会いがあるかもしれません。

◆ひとり暮らしのお年寄りの生活サポート

アチコタネーゼのメンバーと一緒に、高齢者の生活サポートとして冬場の雪下ろし・雪堀りなどを行っていただきます。

雪国でのお年寄りの一人暮らしは、厳しいこともたくさん。特に雪下ろしはお年寄りにとって最もきつい作業のひとつです。

雪下ろしを手伝って誰かの役に立つ。その感謝を別の形でお年寄りたちが返してくれる。直接的で力強い地域のつながりはこうやってできていくのかもしれません。

893780_981019361934834_3813762396389632437_o

 

学べること

○雪国でも1年を通じて農業が出来ること、暮らしが知恵とともに続いていくこと、その実態を間近で学ぶことができます。

○地域づくりの実践フィールドとして、アチコタネーゼの活動を通じて、農村地域のコミュニティビジネスの実態が学べます。

 

 

何か一つのことだけをやる人も、何もかもが計画通り進められる人も、ムラにはいなくていいのかもしれません。

いくつかのことを分担しながら、みんなで分け合いながら、偶然やハプニングも受け入れながら暮らしていく、その根底が地域を支えているのかもしれません。

少なくとも、大勢の人が皆さんをいい意味で「かまって」くれると思います。そんな地域の人たちの中で「自分」がしたいことや好きなことを確認したりやってみたりしながら、二つ目の故郷をぜひ作ってください。

 

 

募集要項
研修・活動内容 ◆米づくり・野菜づくり・農産加工の6次産業実践農家での研修
・小泉農産での農業研修
・岩沢アチコタネーゼの共同圃場を一緒に管理
◆岩沢アチコタネーゼと一緒に地域づくり活動
・新たな交流拠点づくり
・農家民宿の運営
・交流イベントの運営
・ひとり暮らしのお年寄りの生活サポート
研修期間 研修開始日から2018年3月まで
研修時期 2017年10月から受入可(研修参加者が決定次第、募集終了)
募集人数 1名
生活費補助 50,000円/月を支給
就業時間 8:00~17:00(但し農作業が基本となるのであくまでも目安)
休日 土日・祝日(上記と同じ理由で、繁忙期は流動的)
必要な資格 ・普通自動車運転免許(できれば、AT限定でない方)
求める人材像 ・本気で“学びたい”という気持ちがある方
・明るく、周りと融和のとれる頑張り屋さん
・基本的なパソコン操作の出来る方
滞在場所 地域内の空き家
滞在費 無料
受入地域で用意いただいているもの 家具家電一式
移動手段(車等)
応募締切 参加者が決まり次第締切
応募方法
応募方法 ◎にいがたイナカレッジHPよりご応募下さい。
ご応募の際は必須事項を入力の上、「応募」ボタンよりご応募ください。
応募前にご質問のある方は「お問合せ」をご利用ください。

【受付窓口】
Iターン留学「にいがたイナカレッジ」事務局(中越防災安全推進機構・復興デザインセンター内)
インターン開始までの流れ 応募(ご質問のある方はコンタクト)

担当より連絡 ※携帯の方はPCメールが受信できるようにしておいて下さい。

書類審査

現地でのマッチング(交通費申込者負担)

    参加の可否を決定
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly

人気記事

Sorry. No data so far.

一覧を見る

TOP