ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
集落の生業(農業、ゲストハウス、共同作業等)を学び、あなたならではのチャレンジができるインターン
  • 長岡市川口地域 木沢集落
  • 農村の暮らしと仕事を学び、自分なりの小さなチャレンジをする

地域の概要

若者が何度も通いたくなる木沢集落

このプログラムの舞台は、長岡市川口地域です。川口地域は、6年前に長岡市と合併した現在人口4,500人ほどの町です。信濃川と魚野川という2つの大河が交わり、その周りに小さな集落が点在する山間部を抱えています。インターン生の活動のメインとなるのは、その川口地域の中で最も標高の高く、最も雪深いムラ「木沢集落」です。

%e7%94%b0%e6%a4%8d%e3%81%88%e3%81%ae%e9%a0%83%e3%81%ae%e6%a3%9a%e6%b1%a0

木沢集落は、集落の人々や自然資源に魅せられた集落外の人たちが多く訪れます。集落内にある廃校を活用した民宿には年間1,500人もの人が訪れ、県内外の大学生のグループなども集落の行事やイベントのたびに集落を訪れる賑やかな集落です。

14344169_1774659092811958_1594371263096659464_n

これまでも2名の長期インターン生、数多くの短期インターン生を受け入れています。1名の長期インターン生は集落に定住しています。木沢集落には、子どもがいませんが、集落の人たちは、集落での暮らしや仕事を前向きに取り組む若者と交流することに大きな楽しみになっています。外から集落を訪れる若者は、雪深い山里だからこそ残る山の暮らしに大きな魅力を感じています。

yuki5

プログラムの内容

農村集落には、生活と仕事に分けられない、暮らしの生業(ナリワイ)が多くあります。畑や家づくりなど暮らしを自ら作る技術でもあり、人と自然が無理なく共生できる生き方として、その価値が見直されています。私たちは、集落の皆さんの持つ技術や山の資源を多くの人と共有したいと思っています。

暮らしの生業(ナリワイ)を実践し学ぶ

集落や川口地域には季節に応じた様々な仕事があります。それは、ただお金を稼ぐことだけが目的ではない、人と自然が無理なく共生できる生き方としての正業(ナリワイ)があるのです。「消費するだけではなく価値を生み出す」ような仕事、「具体的な誰かを喜ばせる」ような仕事をここで実感してもらえればと思います。

インターン生には、主に以下の仕事を集落の皆さんに教わりながら実践し、地域の仕事を学んでほしいと思います。

[仕事①]販売用の畑を持ち、道の駅に手づくり野菜を出荷する

インターン生自身が畑や田んぼを借りて、自給用の農作物のほか道の駅の直売所に出荷する野菜を生産していただきます。年頭にしっかり栽培計画を立てて、集落の皆さんに教えていただきながら販売する農作物を作るということはいい経験になるでしょう。

dsc09174

[仕事②]宿泊施設の運営

木沢集落には3つの個性的な宿泊施設があります。インターン生の宿舎・生活拠点でもあるゲストハウス「里山ハウス」は、少人数でも安価に宿泊することができ、長期滞在も可能な素泊まり宿です。昨年度の短期インターン(8月~9月)では、この「里山ハウス」を舞台に、3人の女子大生が「百姓百貨店」という仮想の「山のデパート」をオープンしてくれました。

また、廃校をリノベーションした朝霧の宿「やまぼうし」は、集落のお母さん方による山の郷土料理が食べられる、合宿受け入れも可能な大人数向けの宿です。豊富な拠点施設での宿泊客の受け入れや管理人業務、さらにはお母さん方と一緒に調理を行うことなども可能です。

img_lodge03
朝霧の宿やまぼうしのウェブサイトはこちら

airab
里山ハウスのウェブサイトはこちら

[仕事③]販売農家での繁忙期の収穫手伝い仕事

収穫などの繁忙期には、人に協力を頼む農作業が多くあります。魚沼産のお米や長岡特産のナス、スイカなどの収穫、また泳ぐ宝石とも言われる錦鯉の稚魚を選別といった、地域性の豊かな仕事が多くあります。

10553801_559081267527096_5075804971414832830_o

[仕事④]集落住民としての仕事

インターン期間中は、集落に住む一人の若者として、集落の行事の準備・運営や道普請などの共同作業に参加していただきます。山深い集落で、共に助け合って暮らしていくための仕事を実感することができます。

[仕事⑤]地域のお年寄りの暮らしのお手伝いも

集落に住む若者として、人生経験豊かなおじいちゃんおばあちゃんの農作業や生活のちょっとしたお手伝いなども積極的に経験してみてください。

dav

あなたの発想で豊かな山の暮らしの商品化にチャレンジしていただきます

木沢集落では、これまでもインターン生に「百姓百貨店」という取り組みを行ってもらっています。一言でいえば、集落の人たちが持っている技術や集落の資源・魅力などを発信する商品を企画・販売するというものです。

百姓として農村集落で暮らしていくには、100個の仕事をしているといわれています。百姓には、野菜を畑で作るだけではなく、山の恵みを採取したり、必要な道具を自分で作ったりとなんでも自分で作る力があります。その力は、まさに農村集落の魅力そのものだと思います。

14463218_938197902992651_3042969341568383892_n

今回の長期インターン生にも、木沢の暮らしの中で感じた地域の魅力を、どんな形で誰に伝えたいかを考えてもらいます。体験のプログラムでも、物としての商品、言葉やイラスト、写真などどんなものでも構いません。あなたの思いを形にして、百姓百貨店を使って木沢を訪れる人に伝えてください。

img_20160820_153354

 

木沢集落にはあなたのチャレンジを応援できる環境があります。

百姓百貨店の取り組みを通じてぜひあなたのアイデアを販売してください。木沢には、商売にチャレンジができる環境があります。

・年間1,500人が利用する廃校を活用した民宿「やまぼうし」を使って
→お客さんを相手に野菜の産直をする。

・ゲストハウス「里山ハウス」を使って
→少人数を対象として木沢を楽しむ特別な体験・宿泊プログラムを実施する。

・ウェブサイトを使って
→山の暮らしの知恵、写真などの作品を発信する。

木沢集落には「この集落を好きになってほしい」という気持ちが強い方が多くいらっしゃるので、「集落の暮らしや仕事を学びたい」という若者にとっては本当に色んな経験やチャレンジができる場所です

集落での暮らしを楽しんでほしい!

仕事は色々ありますが、何より、インターン生には集落での暮らしを楽しいで欲しい!と思っています。

あるインターン生は、木沢集落では「お金を介さずにヒトが動いたり、モノ・コトが動いたりする」という、都市生活とは違った新鮮な気付きが暮らしのなかにあると発見しました。山での暮らしには、個人では不自由なことが多くあります。農繁期には、家族だけでなく多くの人の手を借りなければ仕事をこなせません。その代わり、集落のなかを歩いてみれば、当たり前のように誰かが誰かの仕事を手助けしている姿があります。インターン生もそんな集落の一員として、さらには集落の若者として、つながりのなかで生きてゆく「これからの暮らし」にどっぷりと浸かってほしいと思います。

dsc_0083

dsc02940

身につくスキル

・人生を楽しむための思考
・チャレンジ精神
・農村で暮らすための基礎的技術(畑づくり、田んぼづくり、雪かき、ほか野外作業など)
・ウェブ等での情報発信技術

14080028_264810513912324_7372785421753928664_n

おすすめポイント

インターンの受け入れは、地元住民で構成される地域づくり団体「フレンドシップ木沢」と、集落住民の暮らしの知恵や技、集落の素晴らしい自然資源に魅せられた川口地域内外の若者で構成する「yamakawa_sun」という2つの団体で行います。山の暮らしのプロフェッショナルの地元住民と、インターン生同様見習いの若者たちがインターン生と一緒に活動をします。
これまでインターン生をはじめ多くの若者を受け入れてきた木沢集落だから、若者のに悩みも一緒に引き受けながら、様々なチャレンジを応援することができます。 人生悩み中の若者はぜひ木沢集落へ!!

yuki7

過去のインターン生の活動の様子はこちら

長期インターン
高橋要さん http://inacollege.jp/blog/member/kaname/
山縣洋之さん http://inacollege.jp/blog/member/yamagata/

短期インターン
板垣紫乃さん http://inacollege.jp/blog/2016/10/08/shino/
戴飴霏さん http://inacollege.jp/blog/2016/10/09/ame/
井上有紀さん http://inacollege.jp/blog/2016/10/10/yuki/

募集要項
研修・活動内容 ・繋がりの中で生きる暮らしを考える(集落の一員として暮らす!)
・ゲストハウス「里山ハウス」、朝霧の宿「やまぼうし」でのお仕事
・販売農家での繁忙期の収穫手伝い仕事
・地域のお年寄りの暮らしのお手伝い
・販売用の畑を持ち、日々道の駅に自らの野菜を出荷する仕事
・自分を知り、自分が感じたことを人に届ける小さなチャレンジ
研修期間 研修開始日から2018年3月まで
研修時期 2017年4月から受入可(研参加者が決定し次第、募集終了)
募集人数 1名
生活費補助 50,000円/月を支給
就業時間 特に決まりはありません
休日 特に決まりはありませんので、帰省休暇、(学生の場合)授業等にも柔軟に対応します。
必要な資格 未経験者OK
要普通自動車運転免許
求める人材像 20代の若者、男性・女性問いません。
自分はこれからどこで暮らすのか?どんな仕事をしていきたいのか?
そのヒントをこのインターンで見つけたいという若者歓迎です。
素直に人の意見を聞き、真摯に仕事に取り組んでくれることは大前提です。
滞在場所 ゲストハウス「里山ハウス」※2階の1部屋完全プライベートルームです。2階の他の部屋には人を泊めることがあります。1階は共有スペースとなります。
滞在費 無料
受入地域で用意いただいているもの 家具家電一式。
移動手段(車等)※車お持ちの方は持ち込み歓迎です。
応募締切 参加者が決まり次第締切
備考 滞在場所のところにも書きましたが、滞在場所はゲストハウスの1部屋になります(希望があれば部屋に鍵も設置します)。夜は毎日一人になりたい、毎日掃除なんてやりたくない、という方には向いていません。
応募方法
応募方法 ◎にいがたイナカレッジHPよりご応募下さい。
ご応募の際は必須事項を入力の上、「応募」ボタンよりご応募ください。
応募前にご質問のある方は「お問合せ」をご利用ください。

【受付窓口】
Iターン留学「にいがたイナカレッジ」事務局(中越防災安全推進機構・復興デザインセンター内)
インターン開始までの流れ 応募(ご質問のある方はコンタクト)

担当より連絡 ※携帯の方はPCメールが受信できるようにしておいて下さい。

書類審査

現地でのマッチング(交通費申込者負担)

    参加の可否を決定
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly

人気記事

Sorry. No data so far.

一覧を見る

TOP