ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
\今月もヤッチャバに出店してきました!/暑いけど楽しい、出張イナカレッジ第二弾。

こんにちは、イナカレッジ事務局の井上です!

先日告知しましたが、7月22日、東京の「すみだ青空市ヤッチャバ」に出店してきましたー!

IMG_0525

 

 

6月に続いて2回目の出店。

今回も、素敵な地域のものが集まりました。

 

IMG_0543

試食をすると多くの人がおいしい!と買ってくれる神楽南蛮味噌、

あーこれそうめんかぼちゃとも言うのよね、ゆでると美味しいのよね、と会話の弾む糸うり、

前回に引き続き人によっては嬉しそうにすぐ買っていく切り干し大根、

女子大生が買ってくれた越後姫のジャム、

なかなか売り方がわからないながらも、若い女性が買ってくれたコシヒカリ100%の米粉。

 

 

暑い中朝早くから手伝ってくれたのは、東京の大学生2人。

いつも声をかけると来てくれる大好きな二人です;;

間接的に知る新潟の地域のものたちですが、上手に売ってくれました。

IMG_0521

 

前回も今回も、「新潟県内の関わりある地域のもの」を売っているだけといっちゃだけなのですが…

私なりには、いくつか大事にしている部分があります。

ひとつは、直接自分で声をかけて、お願いして、自分の足で商品を受け取りにいくこと。

それは、直接その地域へいって受け取るときにする会話や見る景色、相手の表情を知りたいからです。

お願いする人は、イナカレッジの元インターン生だったり、インターン生を受け入れたいと言ってくれている地域だったりするのですが、

毎回思った以上に感じるものがあります。

思いがけず試食品を作ってくれていたり、レシピを印刷してくれていたり、快くいろいろな商品を託してくれたり。

それは、「売りたい」というところからの小さなアクションがあって始めて生まれたコミュニケーションな気がして、嬉しくなります。

 

また、どんな反応だったか、どんな様子だったかを帰ってきた後に伝えることも大事にしています。

まあこれは、意識してやっているというよりは、もう伝えたくなっちゃってるんですよね、売ってるときに(笑)

「あらこれ、美味しいわね!!」

と言われた瞬間に、もう(帰ったら伝えよう)と思ってる。

これはすごく楽しい体験です。

IMG_0513

 

もうひとつは、毎回、「誰かと」売り子をやること。特に、東京の誰かと。

新潟出身だったり、イナカレッジのイベントやインターンに参加したことがあるけれど今は大学や仕事の関係で東京にいる何人かと

このヤッチャバの売り子をやることが、東京にいながらできる新しい「関わり方」「つながり方」になるような気がしています。

目の前のお客さんに売るために、知ろう、伝えよう、と思うし、

最近の新潟でのこと、それぞれの大学でのことなどを空いた時間に話すのも楽しくて、

暑くてペットボトルの飲み物はすぐになくなっていったけれど、

やってよかった、と思えた時間でした。

IMG_0541

 

友達も遊びに来てくれました。なんとその子たちは今度島根のものを売りに来るとのこと。

縁ある地域のものを持ってきて売る、これだけのことですが本当に学びが多いので、

大学生たちにはおすすめですねー。

 

他の出店者さんたちはもうヤッチャバ売り子のプロなので、暑い中でもお客さんをじゃんじゃん惹きつけていました~!さすが…!

しそジュースをおすそわけしてくれたり、トウモロコシをかじらせてくれたり(生なのに甘くておいしい!)、他の出店者さんたちが優しくてありがたいです;;

事務局の美月ちゃんも大学生たちとたくさんお話してくれました。

 

 

少しだけ売れ残ってしまった、ジャムや米粉、切り干し大根は私がその後関係ない予定で会った知り合いにいくつか売りました。笑 行商みたい、と言われました。

 

この出張イナカレッジ企画、荷物は重いし暑いけど、なぜだか満足して長岡への帰路についています、いつも。

それも何人もの方の協力のおかげです。ありがとうございました。

 

8月は夏休みのインターンで大学生がたくさん新潟に来ることもあり、出張イナカレッジは難しいかもしれませんが、9月以降またやりたいと思っていますので、

「売ってみたい」「手伝ってみたい」などあればぜひ連絡をお待ちしています^^

IMG_0517

 

 

 

 

 

 

inoue
inoue
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly

人気記事

Sorry. No data so far.

一覧を見る

TOP