ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
インターンを終えて~つぎのステップへ

去年の今日は引っ越しを終えた安堵感と

次の日からのじろばたでのインターン生活へのドキドキを抱えながら
十日町というはじめましてな街をドライブして気を紛らわせていました。

切株+桜

そんな日がもう1年も前のことになっていて
終わってしまったんだな…
としみじみしながら書き出しています(笑)

インターンへ参加した動機は大学で専攻していた学びをより実感したい、学びに対して感じていた疑問や違和感という不安要素を体験することで払拭できるのではないか?

そうすれば立ち止まっていた学びを次へつなげられるのではないか?というものからでした。

 

結果として、にいがたイナカレッジへ参加すると決めた時の自分から1歩踏み出すことができています。

インターン生活を通して今までの自分の学びの見直しをすることができ、今後の学びのスタイルを変えることに決めました。
もしかしたら人によっては道を外れたと思うかもしれないけど(一般的にはきっとそうなのだけれど、笑)
これからのことで今感じている不安も楽しめるんじゃないかなと思えるくらいに清々しい気持ちでの決断です。

ひまわり

じろばたでのインターンは大学で専攻していた分野をより深く学ぶという訳ではなく、生活という経験を積んだ1年でした。

出荷者の方にお世話になり、十日町の素材を知りました。
身近にあって知っていたはずの農業はほんの断片だと気づきました。

IMG_6326

かぁちゃんたちに十日町の味を教えてもらいました。

教えてもらって何回も何回もつくったけど、全てを自分の手でやってみないと全てを覚えられなと感じました。

そして数十年と果てしない時間がかかるんだろうなと。おばあちゃんになった時にかぁちゃんたちの味を作れているのか楽しみです。

IMG_9207IMG_8014

そして、かぁちゃんたちが・前任者の水沼さんが・移住者の先輩たちが・イナカレッジのみなさんが繋げてくれて、応援してくれて、

じろばた以外での活動もたくさんさせてもらいました。そこではヒトとの繋がりがどんどん広がっていって、これから進む道へのきっかけとなるものでした。

IMG_7799 花火

じろばたという帰ってくる場所があるから、いろんなところへ飛びこんでいけました。
おかげでやりたいことが増えていく一方で1年だけじゃ時間が足りなくなってしまいました(笑)

かぁちゃんたちと、十日町で出会った人たちと離れたくなくなってしまいました(笑)

 

そういうことでもうしばらく十日町に残ることにしました。
先に書いていた学びのスタイルを変える上で生活にももう少し重心を傾けたいと思ったので十日町で過ごす時間軸が合っているのも残ることにした理由のひとつでもあります。

でも、残ろうと思ったきっかけは毎日の中にもっとたくさんあったはずで…
今日もかぁちゃんたちとランチして話している中で気づいたこともあるくらいに
自分に鈍感で、自分を表現するのが苦手なのでこんなとこでまとめさせてもらいます。

 

もっと詳しくはどこかで会った時にたくさん突いて言葉を引き出してください(笑)

 

とても充実した時間が流れていて、素敵な経験が出来たと思います。
私に関わってくださった方々に
1年間本当にありがとうございました。

IMG_6977

どうなるかわからないけれど、

楽しみつつ

つぎのステップへ進みます!

tanooka
tanooka
じろばたインターン生
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP