ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
  • 2017.02.12
雪国ボランティア

高柳町門出インターン生矢代です。

先週の土日に東京から雪国ボランティアとして多くの方が高柳にやってきました。

IMG_5299

その中の門出地区のかんじき作り、雪掘り指導ということで召集されました。一冬も越していないのに指導?むしろ指導される側じゃないのかと言いながらも指導者として教えることに。

DSC_4098

ボランティアがやってくる前に予習。かんじきの縄の縛り方を隣の田代集落の父ちゃんに教えてもらいました。

DSC_4102

初めて作るかんじきに苦戦中。

DSC_1528

最初はかなり苦戦していましたが、徐々に要領を掴んできてなんとか形にはなりました。

DSC_4104

参加者で記念撮影。とりあえず無事に出来上がりました。

これをあとは教えるだけなんですが、ボランティアがくるまでちょこちょこと家でほどいては縛りなおして練習していました。

IMG_5293

そして当日。当初の人数よりは少なくなりましたが、60人以上の方にお越しいただきました。

そこでスタッフとして紹介されましたが、やはり注目されると恥ずかしい!照れ笑いしてました(笑)。

DSC_1545

DSC_1541

そしていざかんじき作りの本番へ。練習したかいがあって順調に教えることができました。

IMG_5304

IMG_5306

また門出は指導者の数が多かったので2人だけをしっかり見れたというのも大きかったと思います。きっちりと教えることができました。

IMG_5324

無事に完成して記念撮影。そしてこの日は解散。翌日に門出で雪掘りが待っています。

DSC_4113

そして日は変わりいざ雪掘りへ。スノーダンプを初めて使う人が大半で、まずは使い方から説明。

あとは無理しないように休み休みやることなどを説明しました。といいつつ自分も家では除雪機ばかり使っていてスノーダンプはほとんど使ったことはないのですが。

DSC_4114

最初は寒くてもすぐに暑くなります。皆どんどんと来ていたものを脱ぎはじめ、薄着になっていきます。最終的に半袖短パンになった強者までいました(笑)。

DSC_4115

屋根まで届きそうな雪を掘り進めていきます。これを見ると昔は二階から出入りしていたという話が本当だと思ってしまいます。

DSC_4116

そして無事に一階の窓を出すことに成功。皆終わった後はクタクタになっていました。翌日は筋肉痛で動けなくなりそうだとも言っていました。

ちなみに自分も写真には写ってませんが、しっかりとスノーダンプでの雪掘り練習をしていましたよ!

何回も家から除雪機持ってきたいとぼやいていましたが(笑)。

 

高柳で暮らしていく上で必要な雪掘り。この作業を実際にやってみると「雪かき」ではなく「雪掘り」だということがよくわかります。

雪が多いと雪下ろしに家の脇の雪掘りを何回もやらないといけません。今年は去年同様に小雪のようで、楽な方だということです。それでも実際にスノーダンプで作業をすると大変で、疲れます。

それでもやっていると体を動かしているからか楽しくなってきます。また、埋もれていた場所がきれいになると達成感もあります。

冬の唯一の運動である雪掘り。いつまで楽しいと思えるかはわかりませんが、今後も楽しめるように向き合っていきたいと思います。

yashiro
yashiro
門出ふるさと村組合インターン生
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP