ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
雪の準備

高柳町門出インターン生矢代です。

12月に入り山の木々の葉も落ち、草は枯れてきて、徐々に冷たい風が吹くようになってきました。高柳のシンボルである黒姫山が3回白くなると麓にも雪が降ると言われており、その3回目が先日やってきましたので、集落にもまもなく雪が降ろうとしています。

そんな中着々と雪囲い(冬囲い)を進めています。

DSC_1401

雪の重みで窓ガラスが割れたりしないように落とし板はめたり、

DSC_1403

雁木をたたんでそのまま落とし板の代わりにしたり、

15241986_1876566489240815_5211476863325806734_n

肉を焼いたり、

DSC_1406

枝が折れないように木を縛ったり、

DSC_1390

DSC_1391

山へ行燈の骨組みに使うクロモジという木を取ってきたり(1枚目の写真は雪の重みで曲がってしまった木々です)、

DSC_1399

DSC_1392

たまたま山で会った鉄砲撃ちの方々にヒラタケやなめこをおすそ分けしてもらったり、

DSC_1398

DSC_1396

イノシシの寝転がった跡を教えてもらったり、

DSC_1386

囲炉裏で肉を焼いたり、と意外とバタバタしていました。

肉を焼くのはきっと冬に向けて脂肪を蓄えるために大事なことなんです。元気の源です。

DSC_1400

そしてそんなこんなでとうとう門出にも雪が降りました。ほんの少しでしたのでこの日のお昼ごろにはほぼ消えてしまいましたが。

ちょうどこの前日に山へ行っていたので、なんとか間に合ったと笑っていました。まぁ落とし板などは家の中が暗くなるので多少積もってからはめる人も結構いるみたいなので、あわてる必要はないのかもしれませんが。

それでもある程度準備が終わるとほっとします。あとは積もった後に頑張ります。

本格的に門出で冬を迎えるのは初めてなので、多少の不安もありますが、1週間ほどですが雪掘りに来たことはありますので、まったく何も知らない状態ではないのでその点では少し不安は和らいでいます。

今年は豪雪だという人もいれば、少ないという人もいて、どっちに転ぶかはわかりませんが、初めての冬を頑張って乗り切りたいと思います!

 

最後に初めて見た冬囲いの写真を。本当に家によって色々な方法があるみたいです。

DSC_1404

DSC_1405

まるで気球のようで、このまま飛んでいけそうな気がします。

yashiro
yashiro
門出ふるさと村組合インターン生
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP