ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
一番大きな収穫は、長岡にいるたくさんの面白い方々とつながりを持てたこと。

夏休み学生インターンレポート、FARM8「ローカル×クラウドファンディングを新潟で立ち上げる!「この指とまれ」を全国に発信するための取材班を募集!」編です。

長岡市の地域プロデュース会社FARM8でクラウドファンディングの立ち上げを行いました。次は新潟大学の熊谷くんです。

こんにちは、FARM8で約一か月間インターンシップをさせていただきました熊谷と申します。今まではずっと東京就職を視野に入れていたため、夏休み期間を使って東京でのインターンシップをするつもりでいましたが、今回はこのように新潟県長岡市でのインターンシップをすることになりました。そこで1,なぜ地方でのインターンシップを、またなぜFARM8という会社を選択したのか2,インターンシップではどんな取り組みをしたのか3,何を学び、何を得たのか について書いていきます。

 

1,なぜ地方なのか、なぜFARM8なの


2

就職するなら東京だと言い切っていた私は、今年の5月6月は毎週のように東京に足を運んでは説明会だったり選考会だったりに参加していました。しかし東京に行けば行くほど何か違和感を覚えたのです。行きかう人達は皆急いでいて、どこを歩いても周りはビル群、それは田舎出身の私にとっては、そもそもなにか生来的に合っていないんだと感じました。東京就職の雰囲気もだいぶわかってきたことだし、ちょっと一回地方での働き方を体感しようということで、今住んでいる新潟県でのインターンを選択しました。

次はなぜFARM8なのかですが、社長と一度話した時に面白い方だと思ったのと、将来やりたい仕事に重なる部分があったからです。将来は人のつながりを重視し、ひとの抱えている課題・問題点を解決していきたいのですが、FARM8としては「農業を通じ、人と地域がずっと繋がれる」ということ、インターン内容としては、「クラウドファンディングを通じ、ひと、会社に寄り添って問題解決やプロジェクト発信の手助けをする」ということに共感したのです。

 

2,どんな取り組みをしてきたのか


 

実は、こんなこと、していました。3

嘘です。(笑)

簡潔にいうと、クラウドファンディングの実践を通じ、誰でも使いやすくするマニュアル作成を制作してきました。

地域の人たちの中にはクラウドファンディングのクの字もわからない人もいるわけでこういったネットに弱い人がたくさんいる気がします。そのような方たちにでもわかる、そして使えるようになるものがあれば、クラウドファンディングというものがもう少し手の届くようになるのではないかと考えました。

そのためにはまず自分たちが使えないことには始まらないということで、自分たちが実際にキュレーターとしていくつかの題材を記事にしてみました。

 

 

 

3,何を学び、何を得たのか


4

実際に実験的にFARM8の酒粕ジェラートで記事を公開して資金調達してみました。

結果は目標金額200,000円に対して集まったのが217,000円で成功です。ただただ嬉しかったです。

でも初めから順調だったわけではありません。じつは最終日の3日前まで0人0円だったんです。半ば諦めかけていましたが、失敗は失敗と捉え、改善策を打ちました。そのおかげかは定かではありませんが、少しずつ支援者が増えてきました。そこでもう一度諦めずにFacebook、Twitterでの拡散、またそのお願い、そして時間がないので徹底的に個人で連絡取りました。皆さんのおかげで、残り1時間というところでやっと目標額が達成されました。ここで思ったのは、最後まで諦めずにやることは勿論だが、それができるのは周りにいる仲間の存在のおかげでしかないんだと実感しました。

またクラウドファンディングの誰でも使いやすくなるようなマニュアル、PR戦略の資料作りにおいては、完成はしましたが、発表プレゼンとなると、質問が飛びかったり、いかに飛躍した内容であったり、曖昧な言葉であったりといったことが多々ありました。自分たちがいつも触れている分、当たり前だと思っていることが実は当たり前でなかったり、そもそも目の付け方、着眼点が違ったりと、いかに俯瞰的な見解が必要なのかも今回学ぶことができました。

そんな中でも、一番大きな収穫は、長岡にいるたくさんの面白い方々とつながりを持てたということです。インターンだけではなく、私生活でもたくさんの人と関わってきました。22日には収穫体験のイベントをやったのですが、これはここでできたつながりがなければ、たぶん実現できませんでした。このつながりは、今後も大切にしたいと思っています。

一年間日本にはいませんが、一年後必ず戻ってきます。5

ありがとうございました。

2016夏 インターン生
2016夏 インターン生
にいがたイナカレッジ
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP