ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
門出用水探検

高柳町門出インターン生矢代です。

先日門出用水探検に参加してきました。

14040106_1818675505031110_1292723127215537157_n

出発前の事前学習。最初は用水と聞いて田んぼの水や生活用水のことを思い浮かべていたのですが、実は防火目的のための用水だったんです。明治時代に門出で大火事があり、その後防火用水の確保のために現在の用水が作られたようです。

DSC_0968

いざ探検に出発!途中までは軽トラでいきますが、あとは歩いて進みます。

DSC_0969

14055170_1818675778364416_2368946905039856975_n

14046092_1818676571697670_1687515945459661672_n

こんな道をどんどん進みます。途中少し足場が崩れている所もあり、一歩間違えれば転落してしまいます。なので気を付けて慎重に慎重に進みます。

14095905_1818676691697658_8424657650966964088_n

DSC_0967

14102139_1818676951697632_1400657384959998674_n

そして水をとっているダムへ到着。以前はここからではなかったようですが、地形が変わるたびに少しずつ水源も変わっていったようです。ついでにこのダムの下はイワナの楽園だそうです(笑)

そして隣の沢では貝の化石がうじゃうじゃととれるようです。残念ながら今回はとっていませんが、いずれ思い出した時にでも見つけに行ってみようかなーと思ってみたり。

DSC_0972

14068305_1818677215030939_5834985692061437863_n

14141745_1818677178364276_6923319476428781934_n

この用水は山を挟んで反対側の沢から引っ張ってきていますので、トンネルで山を越えています。

トンネルの長さは725mだそうで、昭和2年に完成したそうです。もちろん機械などありませんので、すべて手で掘ったようです。かなりの難工事だったようで、工事開始から3年かかったようです。

さらにこの用水の全長は約4,8㎞。今じゃ手作業でこの距離の用水を確保するなど想像もつきません。先人たちがいかにすごいかがわかりました。

 

DSC_0975

門出大開の棚田です。目的は防火用水でももちろん田んぼの用水にもなっています。今では田んぼや消雪池、防火用水など様々なところで使われています。

14095849_1818678705030790_2655469855166856565_n

14063821_1818678738364120_6110992333368677701_n

DSC_0976

そしてお約束の慰労会。肉を食べて英気を養います。ちょっとこの日は雨に降られて肌寒かったけど、それでもビールはおいしかったです!

残念ながらトンネルを進むことはできませんでしたが、自分たちが実際に使っている用水がどこから、どのように流れてきているのか知れて良かったです。この距離を、このトンネルを手作業で作り上げた先人たちの偉大さを感じた探検でした。

この苦労が無駄にならないように、少しでも長く使っていけるように守っていければと思います。そのためにも自分が一人前になれるように今後も頑張っていきます!

yashiro
yashiro
門出ふるさと村組合インターン生
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP