ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
「農家のこだわり、和食の素晴らしさを伝えたい」割烹柳屋インターンシップはじまってます!!

夏休み学生インターンのスタートしましたシリーズ、見附市の割烹柳屋さんインターンシップの序盤の様子を書きまーす!

9代目板長・若女将・地元農家で作る、新しい料亭の味プロジェクト

割烹柳屋さんでのプロジェクトは、長岡市中之島地域活躍する農家さん、またこの地域の食材に光を当て、板長・若女将と共に、当店・地域にとってシンボルとなる料理を生み出すことを目指します。

農家さんを訪問し、農作業等を一緒にすることを通してコミュニケーションを図り、この地域の食材の魅力に日々迫っています。また週末は、お店の仕事を通して、柳屋さんのスタイル、お客さんの動向を把握します。この2つの活動を合わせて、メニュー開発に取り組みます。

取り組むのは、先生の卵の坪井さん、野菜による健康な体を目指す亀山さんの2人。2人ともかなりの野菜マニアです。

事前研修!柳屋の味を知る

インターンがスタートする前に、顔合わせも兼ねて、柳屋さんで食事会を行いました。この日のために板長(社長)が、柳屋の味を知ってもらうための食事を準備してくださいました。

IMG_20160731_170853

この料亭の味を楽しみつつも「えっ・・・私たちに何ができるんだろうか?」という不安と、おいしいものがいっぱい食べれるのではという期待があったかどうかわかりませんが、これから始まるインターンシップへの期待が高まりました!IMG_20160731_170815-COLLAGE

JA直売所での研修

そしていよいよインターンスタート。初日は中之島地域の主だった農家さんへのあいさつ回りなどを行い。2日目はさっそく農家さんと接触を図るためにJAの直売所で1日働かせていただきました。

朝夕の時間は、おばあちゃんたちが続々と自分の農作物の品出し、回収にやってきます。そこが接触のチャンスです!2人は積極的に農家さんに声をかけ、「野菜のこと勉強しに来てるんです」「この野菜はどうやって食べるんですか?」など、ガンガン取材をかけます。おばあちゃんたちは「私が教えられることなんてねぇ」と笑いながら、色々教えてくれます(笑)

IMG_20160816_161111

IMG_20160816_163016

地域の農家さんの作物、こだわりを学ぶ

初日のあいさつまわりも含め、1週目はガンガン農家さんのお宅を回りました。

彼女たちの足は”チャリ”です。中之島なかなかでかいですが、遠い農家さんの家でもまぁ40分もあれば着きます。暑い中ですが、がんばってチャリこいでます!!

1471845693681

こちらグリーンファーム安達さんです。親子三代でお米や小松菜、野菜苗などの生産・販売を行っています。親子三代ってすごい!いいものを作り、きちんと利益も出されている証拠ですね。

こちらでいただいた摘果メロン(間引きした小さいメロン)、漬物にしたり、柳屋さんではお吸い物に入れたり、はじめて食べた食材でした。

IMG_20160815_112244

IMG_20160815_103839-COLLAGE

中之島といえば「大口レンコン」です。レンコン農家の高橋さんの家には1泊2日でおじゃましました。レンコン農家さんは、8月~5月はずーっと仕事で、6月7月がお休みなんです。ただその10か月は、朝4時、5時から働き、お昼には仕事終わるそうです。午後からは地域の仕事や、地元の小学校の仕事など、みな地域と密着しています。

朝採ったばかりのレンコンを食べさせてもらいましたが、これはもう「なし」ですわ。フルーツです。採ったばかりの数時間しかこの味は楽しめません。農家の特権ですね。

IMG_20160819_084443

IMG_20160819_083819-COLLAGE

中之島の農家の作物、柳屋の和食の神髄を伝えたい

週末は、柳屋さんでお店の仕事です。彼女たちの目の付け所が素晴らしいです。つまり料理だけじゃなく、料理の順番や、お客さんのこと、器のこと、お部屋のレイアウトのことなどなど、しっかり見ていました。

1471845678159

1週間を終え、2人と女将、板長と1週間の振り返りと、成果のアウトプットの方法について話し合いました。農家さん訪問では、どの農家さんも「お金を稼ぐというよりは、いい野菜を育てたいという気持ちがすごく強かった」「人にはあんまり言わないけど自分の作っている作物の良さやこだわりを話してくれる」という気づきがあり

またお店の仕事では「料理だけじゃなくて、お客さんに合わせて、場の設定や器やメニューを決めている」「ただ食事を出しているのではなくて、食材の味わってもらうための工夫がされている」という気づきがありました。

板長からは、和食がこだわっている季節感や食材の味を引き出す工夫などを若い人に知ってもらいたい、インターン生のような20代の若い子がそれを知ることによって、和食に近づいてほしいという熱いお話をいただきました。

インターンを通じて、「農家さんの作物のこだわりを出せる場を作りたい」、「柳屋さんがお客さんと農家さんをつなぐ、また和食を伝える場になってほしい」色々な思いを巡らせながら、インターンシップは2週目に突入していきます。

IMG_20160822_120017

阿部巧
阿部巧
イナカレッジ事務局
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP