トマト収穫

高柳町門出インターン生矢代です。

以前ブログ(秘伝のマルチ)で書かせてもらったトマトの収穫が始まりました。

 

50ed3cd2-s

7月上旬、以前に比べてかなり大きくなってきました。

b21286f7-s

現在の状況、さらに大きくなり、葉も茂ってきました。実もどんどん赤くなっていきます。

DSC_0806

DSC_0848

そして実が赤くなり、とうとう収穫です。へたの先の丸いこぶの部分を指で押さえ優しくもぎます。

この時点で色の悪いものや形の悪いもの、割れてたり穴があいている物は製品用からははずしておきます。

DSC_0805

DSC_0807

いざ収穫だ!と向かうとトマトの残骸が多数。無残にも収穫しようとしていたトマトが食べられていました。動物たちってなんで収穫のタイミングで食べていくんでしょうね。さすがだなぁとつい感心してしまいます。

7089bc7a-s

c9a6fb11-s

8e1277fd-s

45c3b781-s

とはいえさすがに食べられてしまうわけにはいかないので、電気柵を張りました。興味本位で触ってみるとバチッときます。ちょっと痛いかな、という感じです。どちらかというと驚くのが先です。感電注意と書いてありますので、間違っても触らないように!

たぶんハクビシンだろうとのことですが、ごくまれに二足歩行のたぬきも出るようなので注意が必要です(笑)

11faa140-s

DSC_0858

DSC_0860

無事に動物の被害も減り、収穫を迎えたトマトたち。一つ一つを磨いてきれいにした後にパックに詰めていきます。

やはりパックに詰めるとより一層きれいに見えますね。

今回は「華乙女」という品種を育てているのですが、このトマトは酸味が少なく、甘みが強いです。高糖度栽培していなくても十分に甘みたっぷりとなっています。そして何より高糖度トマトに比べると皮が薄く食べやすいです。サラダにぴったりです!

13686516_1806700536227411_6149603655475752763_n

ちなみにこちらは黒姫祭りでピザ部で出店した際に提供した「夏野菜ピザ」です。こちらのトッピングにもこのトマトを使用しました。このトマトは火を通すとさらに甘みが増してトマトの青臭さがなくなります。火を通して食べるのもおすすめです!

今はまだ配ったりしている状態ですが、いずれは販売したいと思います。そのためにも早く販売先を見つけなければ・・・

トマトが赤くなると医者が青くなると言われるほど今トマトは健康食品として人気が高まっています。せっかくならばそのトマトを少しでもおいしいものを、特別なものを食べてみたいと思いませんか?この門出という土地で、20年以上継ぎ足して使うマルチで栽培したトマトを食べてみませんか?もし少しでも興味がわいてきたならば、ぜひ食べてみてください!