ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
荻ノ島田んぼ体験記① すじまき~代掻き

米を作ります!

田んぼのことは全くわかっていませんが、やる気はあります。

 

ということで、むらの人と同じやり方で体験させてもらうのに加えて、

小さな田んぼをお借りすることができました。

 

 

借りる田んぼはなるべく手作業で、機械を使わずにやる予定です。

機械が嫌なわけではなく、機械を使うにも、

もともとのやり方を知っていた方が私には良いような気がしたので。

基本を知るのはいいことだ、とむらの人にも言ってもらえました。

 

 

※荻ノ島は村ではありませんが、いつもの言い方で「むら」と書かせてもらいます。

 

 

・4月16日 すじまき

 

最初の作業はすじまき。

荻ノ島で一番たくさん田んぼをしている家の作業で、

むらの人や親戚が集まっていました。

IMG_1022

私は機械にトレーを流す係。

トレーに土・籾・土と入っていきます。

自動的に全部できるという感じではなく、人の手で調整しながらやっていました。

IMG_1025

シートをかぶせて温度管理して、芽が出るのを待ちます。

 

 

・5月2日 苗出し

 

苗がずいぶん伸びました。黄金色です。

早朝に集まって地面に並べました。

IMG_1108

かえる

IMG_1111

 

・代掻き(トラクター)

 

苗出しの後、他の人が代掻きをするのについていきました。

田んぼを平にならす作業。

見学だけでもと思っていたけどトラクターに乗せてもらえました。

IMG_1118

運転がむずかしい!

うまく曲がれないとぼこぼこになります。

後ろを見ながら板を上げ下げすると教わったけど、

前も見なきゃいけないし…神経を使って疲れました。

でも「運転してるなー」って実感があって楽しかったです。

 

 

・5月5日 堰はらい

 

水路の土を取り除く作業。

たくさん人がいたのですぐに終わりました。

IMG_1152

サワガニさん

IMG_1154

 

・5月6日 田こなし、代掻き

 

自分の田んぼ。

去年のうち、雪が降る前に一度まんのうで田打ちをしました。

この日は、固まった土とかぶつを細かくして平にならす作業。

 

まずはまんのうで土を砕きながら足でならして、

そのあと除草機をごろごろしてさらにならします。

昔はもっと幅広い田こなし用のものがあったらしいですが、除草機で代用しました。

IMG_1156

 

水をはった田んぼですが、思ったより足がはまらないものでした。

大変ではあるけど、田んぼの中にいるのがなんだかもう楽しくてしょうがなかったです。

IMG_1157

IMG_1159

最後に全体を平にするために柱…というか昔の電柱をひきました。

むらの人に電柱ひいたって言ったら笑われました。

水の上では重すぎて一人でひけず、手伝ってもらってなんとか完了!

休憩をはさんで9時~16時半頃まで。

 

これが…

IMG_1155

こうなりました。

IMG_1160

 

・5月8日 田こなし、代掻き(2か所目)

 

もう1か所やらせてもらえることに。

ここは水をはる前にトラクターで耕してあったので、土は結構細かい状態。

まんのうで土を崩したあと、電柱ではなくレーキを使ってならしました。

IMG_1177

IMG_1168

お昼には終了。

IMG_1169

 

 

本当に何も知らないので、全て教えてもらって、道具も貸してもらってやっています。

教えてもらって、一人で作業して、たまに見に来てもらってといった感じです。

私が一人でやっている間、教えてくれる方はどこかの田んぼで作業しています。

それがまた面白い。

みんなそれぞれ自分の田んぼで働いていて、それに加われているのが嬉しかったです。

 

 

次はいよいよ田植え、そしてまだよくわかっていない水の管理です。

堤さゆり
堤さゆり
荻ノ島インターン生
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP