ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。

DSC_0693

新潟県の狩猟は11月15日から2月15日までです。

 

解禁初日は8ヶ月ぶりで待ちに待ったお祭りのような気分で胸が高鳴ります!鳥などの獲物も、まだ撃たれてないので警戒心が薄くいたるところに見ることができます。

 

これが解禁3日も経てば鉄砲を撃ってはいけない池や川などに逃げられて数が激減するんです。この2日間は確実に獲りたかったので、昨年までよく行っていた鴨の猟場へ!

 

当日の朝は雨・・・日の出から開始になるのだが薄暗くてよく見えない。。。上からカモに見つからないようにゆっくりと覗いたらわんさかいる!!でも、暗くて種類がよくわからない(とは言うものの大きさとシルエットでカルガモかマガモということはわかる)。とにかく一番近いカモにめがけて発射~

当たった!!

マガモのメスでした~

DSC_0709

 

 

その後もコガモ2羽獲って計3羽。開始から1時間くらい。まだまだ、やれる時間はあったのですが前日興奮して寝れなく疲れたので終了(笑)そう、遠足の前日は寝られない人なのです。

DSC_0710

 

翌日は柏崎のインターン生である間くんと一緒に猟へ。彼も罠の免許を持っており、鉄砲もこれから持つとか。

日の出は前日と同じ場所でカルガモをGET。その後、キジを狙いに行き、これでもか!!ってほど沢山出会ったのですが撃っても撃っても当たらない。下手な鉄砲数撃っても当たりません。。。

間くんにはどうやったらこんな良い距離でも外せるのか教えてあげました^^;

DSC_0715

その後、池に行くと目測50m先にカモが!!

私の銃では50mがギリギリの距離。しかも長距離を撃つための道具を鉄砲につけてない!!

一か八かで撃ったら2羽にあたった!!それまでは良かったのですがとても広い池。流されてしまいカモは池の真ん中へ。。。原始的な方法で石を投げたりと悪戦苦闘。結局回収するまで1時間以上もかかりました。犬がいればあっさりと回収できるのにな~

夜は初日に穫れたマガモを料理

低温調理でバルサミコとベリーを効かせたソースで食べました。

DSC_0714

噛むとじゅわっと肉汁ガクチの中に溢れてくるほどびっくりするほどジューシーで肉の旨味たっぷりでした。鴨の旨味はたまりません~

  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP