ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
森の楽校@小国開催しました「木を伐って・出して・割った・語った!」

11月8日、森の楽校@小国が開催されました。当日はあいにくの小雨でしたが、25名ほどの参加者・スタッフが集まり決行されました!内容は、シュミレーションでやったとおり、チェンソー(経験者)やのこぎり(未経験者)で、木を伐り、ひっぱりだこと言われるウィンチで道まで木を出し、薪にするという一連の作業です。

_R003

まずは森林組合の吉田さんからお手本が示されました。さすがの手際の良さです。参加者への説明も丁寧に行っていただき、感謝感謝です。

_RDSC_0124

そして経験者のチェンソー伐採チームです。安全のためしっかりチャップスを着けます。

_RIMG_7558

そして木を倒していきます。

_R017

我らが中越防災安全推進機構の地域防災力センター長の河内です!さすが炭焼き職人手馴れています。

_RIMG_7559

そして、手のこチームです。森林組合の宇田川さんが指導してくださいました。

_RDSC_0144

将来、林業で働きたいという学生君熱心にお話を聞きます。

_RDSC_0151

そして搬出です!

_R048

道へ引っ張り出した木を玉切りにしていきます。

_R065

今回、薪にするために3つの道具を準備していただきました。

まずはこれ↓自走式の薪割り機です。キャタピラがついていて移動できます。と言ってもあんまり山の中に持って行っても、薪にして運んでくるのは大変なので、軽トラの入れる道で使います。

_R064

薪を縦にしても、横にしても使えるのですが、下の写真は縦バージョン

_RIMG_7583

なんの力もいらず簡単に薪が割れます。

_RIMG_7589

次にこれ、これは2つの棒を交互に動かし、薪を割ります

_R086

正直しんどいです・・・。

_R083

そして、やっぱり薪割りと言えば斧でしょ!

_R074

薪割りが唯一の趣味と自称する、もったいない村社長の村さんです。

_R070

イナカレッジインターン生の移住女子水沼ちゃんに薪割り指導です。

_R071

しかしそんなに簡単には行きません・・・。

_R072

というわけで、午前中の作業を終え、午後からは「森のついて語り合う」ということで、室内に移動します。まずは長岡地域振興局の斎藤さんから「林業・森林の現状」を紙芝居でお話いただきました。

_RIMG_7601

その後、3つのグループに分かれて、「今日参加した動機」や「困っていること」「やってみたいこと」を語り合いました。薪ストーブユーザーで薪を安定的に確保したいが自分の山はないという人や、自分の山を針葉樹から広葉樹の山にしたい、将来林業の仕事に就きたいなど、本当に皆さん様々な夢を持っています。

山を使いたい人が、使われていない山を使う・・・そんなことができないだろうかと感じます。

_RIMG_7603

最後に記念写真!今日皆さんが語り合った夢を実現できるよう、これから色々考えていきます!

_R109

 

 

阿部巧
阿部巧
イナカレッジ事務局
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP