民家改修ゲストハウスづくり②「ぶっこわし女子編(6月)」

6月13日、いよいよ内装改修のため、現在の天井、壁の解体を行いました。解体作業は、ひじょーーに!手がいる作業かつ素人でも手伝えることが多いためなるべく多くの人に集まってもらおうと、あちこちお声がけさせていただきました。新潟工科大学の学生さんも多く集まっていただきました。名付けて「ぶっこわし女子」たちです。

最後に撮った写真がこれ↓こーんなメンバーで解体作業を行いました。午前中だけお手伝いに来て下さった方もいました。

_RIMG_4116

_RIMG_4113

 さてさて、解体作業はと言うと、まずは畳の搬出からです。家の中の階段はゴミが下の階に落ちるので封鎖し、2階の窓からすべて搬出します。

DSC_0005

天井をバールで剥がしていきます。立派な梁が出てきました!!

DSC_0013

アッと言う間に骨組みになってきました。へ~天井剥がすとこうなってるんだぁ~という感じです。

DSC_0012

壁もガシガシ落としていきます。砂壁を落とすとボードが出てきます。

DSC_0021

みんなで並んで、ガシガシ落とします。目が笑ってます。破壊の快感に酔いしれてます。

_RIMG_4102

写真だけでは、この臨場感 伝わらないので、動画とってみました。

動画その1 壁をバールで破壊編

動画② 壁をけり倒す編

動画③ 壁を押し倒す編


いかがでしょうか・・・?

そんなことをしていると、あっという間に部屋はスケルトン状態になっていきます。

DSC_0022

ゴミもどんどんでます・・・。ゴミ運び地味に重要な仕事です。

_RIMG_4096

そして、2日間かかると想定していた解体作業は、なんと1日で終えることができました。

_RIMG_4110

ぶっこわし女子の皆さん、手伝ってくださった皆さんありがとうございました!お疲れ様でした!

_RIMG_4108

ぶっこわし後のBefore-Afterは・・・(③へつづく)