ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
11/8「森の楽校」ではこんな風に木の搬出やるよ!

11月8日に実施する「森の楽校@おぐに」で行う、木の伐採から搬出までのシュミレーションを実施しました。

木の搬出に使うのは、↓これ「ひっぱりだこ」という機械です。エンジンでワイヤーを巻き取って、ワイヤーにくくりつけられた木を引っ張り出すというもの。森林組合などは重機で搬出するので、もうしばらくこういう機械は使っていないそうなのですが、小規模に行う山の施業では便利かもしれない?ということで今回登場しました。

以下の作業は、「森の楽校」の当日に行う作業です。

CIMG2833_R

この日は、県長岡地域振興局の方、森林組合の方、新潟日報の記者さんもご参加いただきました。

CIMG2853_R

まずは搬出する木を切ります。ちなみにここは市行林と言って、市有地を森林組合が管理しています。20年~30年生の杉の木が植わっています。

CIMG2856_R

森林組合の吉田さんの指導を受けながら、雪で曲がった木を切ります。当日もこれくらいの細い木を切ります。

CIMG2857_R

阿部・・・久々に立木を切ります。

CIMG2863_R

ほぼ狙ったところに、倒せました。

CIMG2866_R

切り口はこんな感じ、吉田さん評価は、「素人としては80点!」という高いのか低いのかよくわからない評価をいただきました。

CIMG2870_R

倒した木の枝を払います。吉田さんがやるとスーパー早い&カッコいいです。その技は森の楽校当日ご覧ください。

CIMG2872_R

次に、木の先端にスキッドコーンを付けます。

CIMG2876_R

木を滑らせるときに、ひっかからないようにするためです。

CIMG2881_R

「ひっぱりだこ」でワイヤーを巻き取りながら引っ張ります。はじめはワイヤーのテンションを張って巻き取りやすくします。

CIMG2883_R

引っ張り出したら、木が変な方向に行かないように「トビ」という道具で、木を引っ張ったりしながら調整します。

CIMG2894_R

無事道まで出てきました。

CIMG2905_R

道まで出したら、軽トラで運びやすいサイズ?その後の利用に合わせて?切ります。

CIMG2908_R

今日は2mで切ります。

CIMG2911_R

3本になりました。ここまでが一連の流れです。

CIMG2912_R

そして次は、「チェンソー」ではなく、「のこぎり」で倒す編です!

CIMG2920_R

のこぎりの刃が粗いせいか、細い木を切るのにもなかなか大変です。

CIMG2922_R

ようやく受け口ができました。

CIMG2930_R

今度は、追い口を作っていきます。

CIMG2935_R

最後は手で押して倒します。

CIMG2938_R

キレイに倒れました。

CIMG2940_R

枝払いももちろんのこぎりです。。

CIMG2948_R

運ぶのももちろん手です。(これくらいの木であれば、2人で楽々運べます・・・)

CIMG2953_R

そして2m材を作るのも、もちろんのこぎりです。

CIMG2957_R

こんな作業を、11月8日の「森の楽校」では行います!

お申込みはコチラ!!お待ちしてまーす!

阿部巧
阿部巧
イナカレッジ事務局
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP