勝手にヤマの恵みを楽しむ科学実験。どぶろく酵母でパン焼いてみた。

先日仕事していたら、春日先輩が、ほろ酔いな香りのするコンビニ袋をくれました。

「どぶろく名人、日出男さん家の酒粕もらったけど、いる?」

いりますいりますいりますとも!

 

さっそく酒まんじゅう作ってみました。

87938

 

ほはあああああ。

名人の酒粕は、いわゆる「酒臭さ」がまったくなく、

果物(バナナが近いかな?)みたいな香しさが広がります。

 

この素敵酒粕をもっと楽しむために、粕で酵母を起こしてパン作りに挑戦です。

87936

 

酵母起こし、実はちょう簡単です。

水に酒粕を混ぜて、あったかい所に放置するだけです。

空気中の菌さんたちが、酒粕を栄養にして、かもしかもししてくれます。

1日1回フタを開けて、空気の入れ替えです。

 

87935

 

3日目にして、しゅわっち!と泡が出てきました。

これで、酵母液の完成です。

 

早速、パンを作ってみました。

 

87933

 

1、酵母液100ccに全粒70gを入れて軽く混ぜる。

そして、1日こたつの中においておきます。

酵母さんに栄養を与えて、活性化させます。

 

87939

 

2、下記を合わせてこねます。

・1の液種:全部

・強力粉:200g

・米粉:100g

・オリーブ油:たらっと

 

生地を伸ばして、重ねてを繰り返し、層を増やしていくことで、

酵母が膨らむ部屋を作っていきます。

15分ほど無心でこねこね。

 

87932

 

3、6時間ほど温かいところにおいて1次発酵。

2倍くらいの大きさになります。

働く酵母さん。

 

87931

 

4、生地を6等分して、2次発酵。

 

87930

 

さらにぷくっとしてきました。

 

87928

 

 

5、200℃のオーブンで20分焼きます。

チーズにも似た芳香が台所に広がります。

これが手作りの醍醐味ってやつですね。

 

87929

 

焼けたパンでサンドイッチにしてみました。

 

87926

 

鶏胸肉の酒粕みそ漬けとにんじんサラダサンド。

食べていると、いい香りでしあわせに酔っぱらえそうです。

うふふのふ。

 

87937

 

さっとゆでたうるいと、焼いたかりかり油揚げをすりごまマヨネーズで合えたサラダサンドイッチ。

春の恵みで目が覚めます。

 

あー。おいしかった!