雪国にも春は来るので、山里木沢でじいちゃんばあちゃんと笑いにいってきた

3m積もった雪を見て、「一生、冬終わらないんじゃないか」と思ってしまう日も

ありましたが、春は来るのですね。

 

昨日から、芽吹きの陽気が雪深い川口にも瞬間移動してきました。

86927

 

こんなにすこーんと青い空は3ヶ月ぶりくらいかなぁ…。

 

青空の元うきうきしたので、川口で最も山間地にある木沢集落に来てみたら、

みんなぞろぞろ出てきていました。

86935

 

一体なにがあるのかというと…。

86938

落語家さんが来てくれたので、集落みんなよりあいっこです。

 

86934

こちらの師匠は、三流亭楽々さんとおっしゃいまして、

元お巡りさんだったとのこと…!

 

40年以上アマチュアで落語の口演を行っていて、県警を早期退職されて、

古典落語から、特殊詐欺などをテーマにした防犯小咄まで、

多彩な高座を作られる方です。

 

このときも、小咄から入って、「母さん助けて詐欺」撃退教室(「はぁ!?」って、とぼけたフリが有効なんだそう)、

古典落語『時そば』といろんな話題が飛び出しました。

 

86933

南京玉すだれまで!

 

86932

みんなで見ると楽しさがさらに倍です。

 

高座を堪能したら、ちょうどお昼時です。

86930

右はしの今年97歳になられる福太郎さん、今日は勝負タオルの差し色イエローが効いております。

その隣は、木沢のハイパークリエイター勝幸さん。

そして、左は寡黙だけど、たまに「にやっ」と笑った顔が素敵な、わら細工名人幸一さん。

 

86929

この日のメニューは、木沢のお母さん特製カレー。

野菜の甘みがとけ込んで、するする飲み物みたいに食べられます。

 

86931

お姉様方のおいしい顔。

 

あったかい日にあったかいご飯。しあわせです。

おかわりお願いしたら…。

86928

どーん。

盛ってきてもらったのは、「若いんだから食べなさい」と、1杯目の1.5倍サイズ。

ありがとうございます!しあわせでお腹ぽんぽんです!

 

帰り道に、春の風景を写真に撮っていたら、

「私たちも撮ってー」とよそ行きなお姉様方が来てくれました。

86926

 

あったかい季節はもうすぐです。