ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
グチメシ・豪雪地帯にひょっこり来ちゃった26歳女子のお弁当日記・12/22-12/27

82128

 

冬の晴れ間が続く川口です。

雪だるまの顔も心なしかゆるいですね。

 

山地らしからぬ、ぬくい空気が漂う川口ですが、

年末もお弁当日記、休まず営業中ですー!

 

今週のグチメシ

【2014年12月22日(月)】

82133

 

・いろいろ野菜の皮きんぴらご飯

・いろいろ皮皮炒り豆腐

・ぶり大根

・白菜漬け

 

先日のイベント、よるプラで鍋を作った時の、大根やら人参やらの皮をいただいて帰ってきました。

もったいない精神は家計を救うのです。

 

その皮を活用した、節約お弁当です。

皮を拍子木型に切って、ごま油で炒めて、砂糖・しょうゆで味付け。

きんぴらを作っておけば、ご飯に混ぜておにぎりに、豆腐と一緒に炒り付けておかずにと

八面六臂の大活躍です。

主婦の知恵。

 

あと、みんなのスーパー安田屋さんにてブリの切り身が冬至特別価格で1切れ98円と大特価!

それを横目に見ながら、ブリのアラを的確に狙ってきました。

なぜなら、安田屋さんでは、魚はお店でさばいているから!

血合いの少ない、きれいなアラでした。

すごいぞ、安田屋!おいしいぞ!安田屋!

 

【2014年12月23日(火)】

82132

 

・白菜とお大根の皮、桜えびの豆乳おかゆ

・いろいろ皮きんぴらの炒り豆腐

 

実家から、突然かかってきた電話。

「今さ、保温ビンのお弁当箱はやっててさ、温かいもの食べられるんだって!

希望の家にもう送ったから、これでお弁当作って、ブログに書いてよ!」

 

母は一番の読者です。ありがとうございます。

娘より流行に詳しいおかん。常に前のめり系おかん。

お世話になっております。

 

そんなこんなで突然送られてきたスープジャー。

使わない手はないよね、ということでまずはおかゆを作ってみました。

 

朝、まだまだあったよるプラの余り大根の皮と白菜の外側葉を桜えびだしで煮て、

お米をスプーンに2杯と豆乳を投入して、一煮立ち。

 

あっためたスープジャーに入れておくと、お昼にはほかほかおかゆのできあがり。

今、えのき工場で気温7℃の中、1日2000個のえのきを規定グラムに分け続ける、

新しい真理が開けそうな作業をしているので、温かいものがうれしいですね。

文明開化ですね。お弁当の蒸気機関車ですね。ほくほく。

 

【2014年12月24日(水)】

82129

 

・いのししのトマト猟師風シチュー

・おみかん

 

この前の日に、サテライトに立ち寄ってみたら、春日センパイに呼ばれました。

 

「いのしし肉、いる?打ち合わせに荒谷行ったら、偶然いのしし撃っててさー。

打ち合わせどころじゃなかったよー」

 

どこから突っ込んでいいか分からない今日この頃ですが、私は元気です。

そんな訳で、突発的ジビエに初チャレンジです。

 

82130

 

こちらが、いただいた猪の骨肉。

きれいな色ですね。

本当は熟成したほうがいいとのことですが、そんな設備は家にはないよ!という状況なので、

もらったその日に調理しました。

 

ちなみに、撃った時の状況がこちら。

命をリアルにいただいている風景なので、血などが苦手な方はブラウザバックをお願いいたします。

82134

 

生きているものをいただいて、自分の命に変えていく。

そうした連鎖が、この場所では今でも日常として行われています。

 

では、その命を充分にいただきますできるように、肚に力を入れて料理開始です。

 

82131

 

骨身だったので、豚骨スープならぬ、猪骨スープと取ろうと思い、

茹で溢したあとに、白菜の外葉っぱ、ねぎの青いところ、

しょうがと一緒に二時間ことこと火にかけました。

 

最初は、部屋中が獣の匂いに包まれたのですが、

煮込んでいく間にラーメン屋さんの香りに変わっていきました。

お腹がすく香りです。

 

初日の夕飯に、スープにそうめん入れていただきましたが、

こっくりとあったまる味でおいしかったです。

2日目の昼は、洋風にトマトと大豆入れてシチューにしていただきます。

 

確かに、命をいただきました。

今週もごちそうさまです。

笹川希望
笹川希望
特定非営利法人くらしサポート越後川口
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP