ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。
地域の愛に包まれて・・・川口木沢を旅立つ高橋要

あっという間に暖かく春らしいお天気ですね!(今日は雨ですけど)

涙涙の送別会から1週間たった3月29日に木沢でインターンをしていた要君が京都に旅立ちました!
今日はその一部始終をレポートします!!

その涙涙の送別会の2次会だか3次会だかで

「要!どうやって引越するんだ?」と聞く木沢衆
「いやーレンタカーにしようと思ったんですけど、安いので黄色いバスを借りてやろうと思ってるんですよね」と要君
※黄色いバスとは、NPO法人くらしサポート越後川口が行っているレンタカー
「だったらみんなで乗っていこうぜ」と誰かが言い(俺?)
「おらもいくこっつぉ」と木沢衆
「えっほんとに来てくれるんですか?」と要君

確かこんな感じだったような、私も酔っぱらってたのでよく覚えてません・・・。
まぁとにかく、私と木沢の秀雄さん、正良さんの3人で一緒に要君の引越を手伝いに
一緒に京都に行くことに・・・!!

そして当日の朝は、↓↓↓こんな感じで、朝7時半という木沢の皆さんにとってはそう早くない時間でしたので、多くの人たちが
見送りに来てくださいました。(写真はフレンドシップ木沢さんのFacebookよりお借りしました)

後から聞けば、「泣くから見送りにはいかない」と言っていたあるお母さんもいたそうです。

kaname1

kaname2

なにはともあれ、ここから約600km、6時間の旅です。
途中サービスエリアで飯を食いつつ、一路京都を目指します!しかしこの日はとにかく暑い!ただでさえ燃費の悪い「黄色いバス」
冷房かけるなんて贅沢はできません。蒸し風呂のような車に乗り、がんばります。

kaname4

前日は、2時まで木沢の若手と小千谷で飲んでいたらしく、要君わりとグロッキーです。というか、送別会以降、ほぼ毎日そんな夜を
過ごしていたらしく、体力は限界です!!ということで運転変わると寝ます。

kaname5

そして、いよいよ京都に突入、京都の人と車の多さに、要君ドン引きです!

そしてつのる「不安」・・・。「俺はこんな大都会でやっていけるのだろうか?」・・・。
「こんなとこに住めるのだろうか・・・?」、ここは四条河原町、あなたが住む場所は、ここじゃないので大丈夫です。

そして口に出してしまったこの言葉、、「木沢帰りたーい!!」

kaname6

そして京都の大渋滞を抜け、ようやく不動産屋へ。
手続に時間がかかるとのことなので、不動産屋に要をおろし、私たち3人は、近くの御所へを見に行きました。

kaname8

そして、ここから合流の京都大学の宮本君と、桜の前でパチリ!

kaname10

そしてようやく、要君の住むアパートへ。みんなで荷物を運びます。
ここで気づきましたが、要君荷物多すぎです・・・。よくこんなに荷物を、木沢に持ってきていたなぁと。。

kaname12

結果、ワンルームの部屋は、荷物を運び入れたら、こんな状態です。。(私は良心があるのでモザイクかけました)

kaname18

というわけで、引っ越しが終わったら、もう日が暮れそうだったので、とっとと帰ってきました。
「木沢のみんなは寂しそうだったね~」と言うと、「いや一番さびしいの俺ですよ~」と言う要君が印象的でした。

今までとは全然違う環境で、不安は大きいと思いますが、がんばれ!要君!

kaname17

阿部巧
阿部巧
イナカレッジ事務局
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP