稲刈り  START!!

里美では、稲刈りが始まりました。

 

稲刈りは天気の良い日にしか、できなく、春よりも忙しい日々になるそうです。

 

なぜ、天気の良い日にしかできないのか。

それは、今の農業では機械化が進んでいて、ベタついた、もみ、では機械にへばりつき、機械が壊れてしまうから。また、雨などで濡れた稲は重く、刈るのが大変です。

 

ちなみに、

稲穂→もみ(穂がバラバラになったやつ)→もみがら等+玄米→白米

☆  ↑                    ↑            ↑

☆ 脱穀                   臼を引く        精米

 

稲刈りの流れ

①はじ刈り

稲刈り機(コンバイン)が田んぼの中で回れるように、四端を最低12株づつ四角く、手で刈っていく。

 

②コンバインによる稲刈り

コンバインは、脱穀(稲から、もみ、をとる事)もしてくれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

そして、もみ、を専用のもみ入れに入れる。右が中身。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

③もみ、を乾燥機に入れる。

乾燥機の中で、もみ、の水分を15%にする。里美には乾燥機が2台あり、紫と緑。下からいれて、上に吸い上げる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④臼を引く

15%程度になった、もみ→玄米 にする。30㎏の袋に入れる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、米庫に保管。ネズミと米泥棒から守りつつ、皆様からの注文を受け付けては、精米などして発送。