ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。

イナカレッジの特長

充実した研修制度であなたの田舎暮らしをサポート。

教える学ぶ

新潟県中越地域は、2004年の中越地震からの復興に向けて、地域の人たちが自ら立ち上がって、各地で地域おこし団体やNPOが設立されました。ムラの活動が活発になり、全国でもまれに見る地域づくりの先進地です。イナカレッジは、このような地域づくりの実践者たちのもとで、一緒に汗を流しながら、現場で実践的に学んでいただく“現場密着”“実践第一”の研修プログラムです。

地域に住んでいる方々は、ムラで暮らす・働くためのたくさんのチエやワザを持っている人たちです。このようなムラの匠が先生となり、皆さんに色々なことを教えます。

稲刈り
池谷集合写真

受け入れ態勢

イナカレッジの受入先は、都会からやってくる皆さんを“地域ぐるみ”で迎え入れてくれます。たくさんの人たちが皆さんのお世話役となり、差し入れをいただいたり、夕飯に呼ばれたりすることも少なくありません。たくさんの人たちが受入に関わってくれるので、新しいつながりが確実に育まれます。一人で見ず知らずの土地に来ても全くさみしくありません。イナカレッジのプログラムは、安心して地域に溶け込んでいただける環境を整えています。

スタッフ写真

コーディネーター

ムラの中で暮らすということは、初めての経験という方がほとんどでしょう。イナカレッジでは、各プログラムにコーディネーターを配置し、皆さんのサポートをさせていただきます。時には、地元の方には話しづらいこともあるかもしれません。コーディネーターは、皆さんと地域の間に立って、様々な調整役として活動します。日々の活動や暮らしのこと、将来のこと、コーディネーターが皆さんと一緒にイナカレッジのプログラムを進行していきます。

田んぼ

定住

これまでイナカレッジのプログラムに参加された人は、このプログラムに参加するために初めて地域を訪れた人がほとんどです。初めて訪れた見ず知らずの地域に、最初から「定住するんだろ!?」と聞かれても、何とも答えようがないですよね?

イナカレッジは、定住を前提とするようなプログラムではありません。
定住する・しないということよりも、本気で学びたいという気持ちを第一に考えます。
イナカレッジは、地域で“暮らす”“働く”を通じて、皆さんがムラに学び、ヒトに学び、その中から自分らしいライフスタイルを見つる・実現していただくプログラムです。

写真

仲間

中越地域は、2004>年の中越地震を機に、震災復興を支援するため、全国から多くの若者が訪れました。そのまま定住した人たちも多く、さらにイナカレッジの取組などがきっかけで移住した若者も。このように中越地域にはたくさんの若いIターン者がいます。

さらに、地域復興支援員制度や地域おこし協力隊などによって、地域づくりを職業とする若者も多く、集落の最前線でこれだけたくさんの若い人たちが活躍している地域は、全国を見渡してもなかなかありません。
現在は、定期的にインターン生やIターン者の交流会を開催して横のつながりづくり・仲間づくりを行っています。 イナカレッジを通じて、きっと価値観や志を共にする仲間たちに出会えるでしょう。

  • イナカレッジとは
  • インターンについて
  • お問い合わせ
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP