ムラに学ぶ、ヒトに学ぶ、自分らしいライフスタイルを実現する。

イナカレッジとは

新潟県中越地方を舞台にした学びの場「イナカレッジ」のご紹介。

Iターン留学「にいがたイナカレッジ」は、農村の現場に暮らし、
そこに住む住民の方たちと一緒に汗を流しながら、地域づくりや6次産業、半農半Xなどの実践と
そのスキルを学ぶ現場・実践型のプログラムを提供します。

新潟県中越地域では、2004年に発生した中越地震を機に、首都圏をはじめ多くの人達とのつながりが生まれました。その中で震災からの復興に向けて、地域の人たちが主体となって、体験交流・ツーリズム、直売所や農産加工、農家レストランなど、各地で様々な活動が立ち上がりました。今では、全国的にも地域づくり活動が活発な地域となりました。

Iターン留学『にいがたイナカレッジ』は、これまで培った中越地域の様々なノウハウをベースに、地域づくり・産業・ムラの暮らしなどを学んでいただくプログラム。
地域には様々な知恵やワザを持った匠がたくさんいます。ムラの匠が先生となり、現場での実践から学ぶ それがIターン留学『にいがたイナカレッジ』です。

地域で“暮らす”“働く”ことを通じて、様々なチエやワザを学び、自分にあったライフスタイルを“見つける”“創り上げる”プログラムです。

イナカレッジ研修テーマ

地域づくり・地域マネジメント

イナカレッジの特長

6次産業、コミュニティ・ビジネス

インターンについて

半農半X、ムラの暮らし

お問い合わせ

  • イナカレッジの特長
  • インターンについて
  • お問い合わせ
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
TOP